ひとり旅好き必見!ゲストハウスの魅力やメリット、選び方をご紹介◎

ひとり旅の計画で宿泊施設を選ぶ時、ホテル割高になり、旅館は基本的に2人以上でないと宿泊できないので、選ぶのが難しいですよね!そんな時におすすめの宿泊場所の一つがゲストハウスです♪でも、聞きなれないゲストハウスに何も知らずに泊まるのは勇気がいります^^;そこで今回はその魅力やメリット、選び方をご紹介します◎

『ゲストハウスに泊まってみたい人』
『ゲストハウスに泊まるメリット・デメリットを知りたい人』におすすめ!

そもそもゲストハウスって何?

ゲストハウス


宿泊施設は、旅館業法とういう法律で、ホテル・旅館・簡易宿所・下宿の4つに区分されています!ゲストハウスは、このうちの簡易宿泊所にあたります♪他にも簡易宿所には、ホステルやカプセルホテルが含まれています◎

“ゲストハウスと名乗るには、この施設が必須”という決まりはありませんが、一般的な設備は以下のようになっています!

 

部屋について

ドミトリー


ゲストハウスの部屋の多くが、ドミトリーと呼ばれる相部屋です♪ゲストハウスによって、男性専用、女性専用、男女混合があります◎部屋の数は少ないですが、個室のあるゲストハウスも。

バスルームやトイレはほとんどの場合、ドミトリーだけでなく、個室でも共同です!ここまで読んでホステルと何が違うの?と思った人もいるかもしれませんね^^

 

ゲストハウスとホステルの違いは?

実は、ゲストハウスとホステルに明確な区別はないので、宿泊施設の検索サイトなどでは同じものとして扱っている場合もあります♪

ただし、ゲストハウスの方が小規模で宿泊者同士の交流スペースがある場合が多く、その分ホステルに比べて施設ごとに違った個性がある印象です◎その個性が、ゲストハウスそれぞれの魅力となっています

水回りについて

バスルーム


部屋の紹介でも書いたように、バスルームやトイレ、洗面台は共同です!

また、一般的にバスルームにはシャワーのみで、バスタブはありません。部屋ごとに水回りがある場合やフロアで複数を共用するなどスタイルはさまざまです♪

 

キッチンについて

キッチンも多くのゲストハウスに備わっています◎

ゲストハウスは素泊りの場合が多いので、バックパッカーの人などが節約のために料理をしたり、お茶やコーヒーを入れたり(無料のドリンクがあるところも)と利用されています!外国人の多いゲストハウスでは、宿泊者同士で各国の料理を交換して交流を深めているところもあります♪

 

交流スペースについて

交流スペース


ゲストハウスの一番の特徴ともいえるのが、この交流スペースでしょう!宿泊者同士の交流はもちろん、地元の人とも交流ができるスペースになっているところもあります◎ゲストハウスに宿泊するなら積極的に利用してみたいですね^^

 

コインランドリーについて

長期滞在者が多いゲストハウスではコインランドリーが備わっていることがあります!長期滞在での利用を考えている人はコインランドリーがあるかどうかもチェックして選ぶと便利でいいですね◎

 

レンタルサイクルについて

最近は観光用のレンタルサイクルがあるゲストハウスも多くなっています!料金は有料の場合もありますが、街のレンタルサイクルで借りるよりも格安に設定されているところがほとんどです♪

 

ゲストハウスに泊まるメリットと魅力

ベッドルーム


宿泊費が安い!

ゲストハウスの一番のメリットはそのコストパフォーマンスの良さ!ドミトリーの場合、約1000円~3000円で泊まれるゲストハウスが都市の中心部や観光に便利な場所でもみつけられます♪

 

Wi-Fi完備のところが多い

ゲストハウスでは、無料のWi-Fiやインターネットを利用のできるパソコンが設備されているところがほとんどです♪翌日のプランのために調べ物をしたり、その日の写真をSNSにアップしたり、Wi-Fiが利用できるのは便利ですよね!

 

周辺の観光地やお店の情報が手に入る

受付


ゲストハウスでは、周辺の観光情報やお店の情報に詳しい従業員の人がいたり、オリジナルのしおりなどを配布したりしている場合もあります!長年地元に住む人が経営していることも多く、ガイドブックに載っていないおいしいお店や穴場のスポットをきっと教えてくれますよ♪

 

宿泊者同士で交流できる

ホテルや旅館では、ほかの宿泊者の人と話す機会はめったにないので、ひとり旅だとちょっと寂しいときもありますよね!そんな時、ゲストハウスなら交流スペースで他の宿泊者と観光情報を交換したりお茶と会話を楽しんだりできますよ◎

 

色々な国の人と交流できる

各国の国旗


海外ではホステル文化が定着していることや、日本のホテル代を高いと感じる人が多いので、安く泊まれるゲストハウスは外国人にも人気です♪

交流スペースで宿泊者同士が各国料理を持ち寄った飲み会や夕食会などのイベントを行っているゲストハウスもあるので、“交流したいけど、自分から話しかけるのは難しい”と思う人はそういうゲストハウスを選ぶといいかもしれませんね!

 

地元の人とも交流できる

ゲストハウスの中には、夜はゲストハウス、昼間はCaféや定食屋として地元の人の憩いの場になっている場所があります。そういったゲストハウスでは、宿泊者も地元の人も一緒になっておしゃべりをしたり、地元の情報を教えてもらったりと交流が可能です♪

 

個性的な建物や部屋

古民家


近年増えてきたのが、古民家をリノベーションしたり、個性的な内装やコンセプトを持つゲストハウスです!受付や交流スペースに凝るだけでなく、それまでのシンプルでちょっと殺風景だったドミトリーとは異なるという特徴があります!具体的には、外国人ゲストを意識した和テイストの部屋や、女性が好みそうなおしゃれな部屋など。値段からは想像できないようなゲストハウスもありますよ◎

 

個性的なオーナーやフレンドリーな従業員

ゲストハウスは家族経営や小規模経営のところが多く、個性的なオーナーの人柄に惹かれた人がリピーターになるケースも少なくありません!また、従業員の人たちもフレンドリーな人が多いので、ひとり旅でもきっと楽しい時間を過ごせますよ♡

 

ゲストハウスの探し方と選び方

検索


ゲストハウスの探し方

ゲストハウスの検索は、大手のホテル検索サイトでも可能です!例えば、Booking.comの場合、“宿泊施設の種類”でゲストハウスを選択することができます♪ゲストハウスを専門に紹介しているサイトもあるので、より個性的なゲストハウスに泊まりたい人はそういったサイトを利用するのがおすすめ◎

また、ゲストハウスを紹介する本も出版されています!“行きたい場所にあるゲストハウスを探す”といった場合には、検索サイトが便利ですが、“行ってみたいゲストハウスがある場所に旅行する”という場合には、厳選されたゲストハウスを紹介している本で探してみるのがおすすめです♪

 

Booking.com

FootPrints(ホステル&ゲストハウスサイト)

ゲストハウスガイド100(Amazon)

ゲストハウスの選び方

レビュー


検索方法はわかっても、はじめてのゲストハウスをどう選んでいいかはよくわかりませんよね!そこで、気になるゲストハウスがみつかったら、以下のことをチェックしておきましょう◎

 

  1. 予算の上限を決めておく
    特に節約を目的としてゲストハウスを利用する場合には、あらかじめ上限を決めておきましょう♪
    やはり設備などの良さは、ある程度値段に比例する部分があるので、上限を決めておくことで選択の幅を狭められます◎
  2. SNSやWebサイトをチェック
    施設に関する情報を得るだけでなく、まめに情報の更新や発信がされているかをチェックするといいでしょう♪
    また、疑問点があった場合には、問い合わせをしてみるとその対応でもそのゲストハウスの良し悪しがわかります!
  3. 口コミをチェック
    出来れば1つのサイトではなく複数のサイトをチェックしましょう♪
    特に水回りや部屋の清潔さ接客の態度に関する口コミは重要です!
  4. 個人用のロッカーがあるかどうか
    寝ている間など24時間貴重品を管理するのは難しいので、ロッカーのあるところを選びましょう。
  5. 部屋数に対する水回りの数をチェック
    多くの宿泊者が朝は似たような時間に出掛けるので、部屋数に対して洗面台やトイレが少なすぎると困ったことになります^^;
    また、シャワーが使える時間が決められているところもあるので、夜遅くなる予定の場合、到着時間後に使えるかどうか確認しておきましょう◎
  6. 立地を確認
    ゲストハウスは値段が安い分、交通の便が悪いところにある場合も少なくありません。
    せっかく宿泊代を抑えても、タクシー代がかかっては意味がありません。
    駅から遠い場合は、バスで近くまで行けるか、始発・終バス、バスの本数をチェックしましょう。

ゲストハウスに泊まるデメリット

アメニティ


基本的にアメニティはない

ゲストハウスでは、ホテルのようなアメニティは基本的にありません!そのため、パジャマやバスタオル、歯ブラシなどを自分で持っていく必要があるので(歯ブラシやタオルは購入可能なことが多い)、荷物が増えてしまいます><ただし、ドライヤーやシャンプー・リンス、ボディソープなどは備え付けられているのが一般的です◎

 

水回りが共同

設備でも説明したようにバスルームやトイレ、洗面台が共同です!これは個室の場合でも基本的に同じ。観光の後はゆっくりお風呂で疲れを取りたいや、誰かが来ると思うと落ち着いてトイレを使えないといった人には向きませんね^^;

 

快適さは同室者次第?

汚れたリビングルーム


ドミトリーの場合、どんな人と一緒になるかは当日までわかりませんフレンドリーできれい好きな人と一緒になれば快適に過ごせますし、いびきがうるさかったり、マナーを守らなかったりする人と一緒になってしまうと不快な思いをする可能性があります♪

正直なところ、これについては運次第ですね^^;

 

ひとりになるのが難しい

個室の場合は別ですが、ドミトリーでは、思いがけず疲れ切ってしまったり、具合が悪くなってしまったりしてひとり静かに過ごしたいと思っても自分のスペースはベッドだけなのでちょっと難しそうですね^^;また、気を使う場面も多いので、あなたの性格によっては、少し気疲れしてしまう場合もあるかもしれません。

 

ゲストハウスに泊まるときの注意点

笑顔であいさつ


  1. ルールを守ろう!
    ゲストハウスによっては、独自のルールがある場合もあります!
    チェックインの時の説明や共同スペースの注意書きをきちんと守りましょう
  2. 笑顔で挨拶しよう!
    ホテルや旅館に比べて、宿泊者と従業員だけでなく、宿泊者同士の距離が近いのもゲストハウスの特徴です◎
    共同スペースや廊下で他の宿泊者と出会った時には、笑顔であいさつをしましょう
  3. 共同スペースはきれいに使おう!
    あなたが汚れた共同スペースを使いたくないように、ほかの人も使いたくありません!
    出来るだけ汚さないように気をつけましょう
    特に、バスルームやトイレ、洗面台などは使用後には“髪の毛を拾う”など簡単な片づけをするように心がけるといいですね◎
  4. 貴重品はしっかり管理しよう!
    ドミトリーの場合には、個人のベッドはもちろんのこと、部屋にも鍵がないところがほとんどです!
    多くの人が出入りするので、中には残念ながら信用できない人も…
    貴重品は肌身離さず、充電中の携帯なども目の届くところに置いておきましょう◎

 

ゲストハウスのイメージは掴めたでしょうか?
ゲストハウスは、最近はやりのご朱印集めや鉄道写真を撮るのが趣味など、目的のためにとにかく数多くの場所を巡りたいという旅にもおすすめの宿泊スタイルです!

また、ゲストハウスによっては、じっくりそのゲストハウスに滞在して、人との交流を楽しむ旅をするのもいいでしょう♪
具体的なIMATABIおすすめのゲストハウスについては地域別に紹介している記事があるので、それぞれの記事を参考にしてくださいね!

沖縄ゲストハウス♡ひとり旅におすすめの12選◎

ひとり旅に!関西の趣あるゲストハウスおすすめ12選♡

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。