英語のできない私が「世界一周」で使った英語フレーズ

Views:171

多くの人が憧れる海外旅行。どうせなら夢は大きく時間とお金をかけて世界一周旅行してみたいですよね。しかし問題は現地で言葉が通じるかどうか…。世界共通語と言われている英語が上手く話せなかったらせっかくの世界一周旅行も台無し。そこで今回は夢の世界一周旅行中に、いざ英語が必要な場面になっても困らない対処法を集めてみました。

『世界一周旅行を考えている』
『英語が苦手でも旅がしたい』人におすすめ!

 実際に英語が必要な場面は?

こんにちは!英語が喋れない編集部です^^;。先日も2週間の海外旅行から帰ってきたばかりの編集部が、世界一周した旅行で実際にどのくらいの英語力が必要だったか、使ったフレーズをシチュエーション別にご紹介します◎

 

 入国審査

入国審査
まず避けて通れないのが空港での入国審査。パスポートに入国スタンプを押してもらえる入国審査ですが、たまに審査官に質問をされることがあります。必ず質問されるわけではないものの、この審査での質問は全部英語。筆者は下記の一言二言で乗り切れました!

 

  • 「What is the purpose ?(目的はなんですか)」⇒sight seeing!
  • 「How long will you be staying?(どのくらい滞在しますか)」⇒2weeks!

 

I am..など無理に文章で喋らなくても、分かる単語だけ言えば充分伝わるのが英会話。ただし多少ぶっきらぼうになっている可能性があるので、口調と表情は和やかに言うのがポイントです!!笑「英語が苦手なんだろう」だと察してもらえます^^笑

 

 ホテル

宿泊先でも英語が必要な場面があります。チェックイン・チェックアウトはもちろん、部屋の設備の説明を聞く時も英語を理解しているに越したことはありません◎ただ最低限は、こちらが言えれば乗り切れます!

 

  • check in, please..(チェックインをお願いします)
  • check out, please…(チェックアウトをお願いします)
  • Could you tell me~(~を教えて頂けますか)~にはpassword of wifi(Wifiのパスワード)や、where is the convenience store(コンビニの場所)などを入れれば、大抵通じるはずです。

他には、タクシーを呼んで欲しいときにフロントでtaxi..と言って乗り切りました。丁寧に言うのであれば「Can you call a taxi?」となります。

 

 レストラン

レストランでは英語でのコミュニケーションが必須ですが、思ったよりも簡単に乗り切ることができます!例えば、メニューを頼む時には、メニュー名を読み上げるか、this…と言いながらメニューを指させば理解してくれます◎

メニューを解読するには、Google翻訳を使うのがおすすめです^^アプリ内に、カメラで写した英語をリアルタイム和訳してくれるサービスがあります♪

itunesでGoogle翻訳をダウンロード

他に使ったフレーズはこちら。大抵はこれだけで乗り切れます◎

  • Do you have a reservation?(予約はありますか)⇒No  or  Yes.(ありませんorあります)
  • I want to share..(シェアしたいです)
  • Very good!(とても美味しいです)
  • Check please.(お会計をお願いします)

 

 

 緊急時

病院
急に体調が悪くなったから病院を教えてほしい、財布を盗られた、携帯を落としてしまった。
いずれも緊急を要します。そんな非常事態に英語で人と会話できれば、早い解決につながりますよね。筆者が使ったことあるフレーズをご紹介します。単語を置き換えて使用してみてください◎

 

  • I left my key in the room.(部屋に鍵を忘れてしまいました)
  • Where is the bus stop?(バス停はどこですか)
  • I don’t know how to use the shower.(シャワーの使い方が分かりません)
  • The hair dryer is broken.(ドライアーが壊れています)

 

 誰でも始められる英語の勉強法

いつかは世界一周旅行を!と希望に溢れる人の為に、すぐにでも始められる英語の勉強法を集めてみました。

 ヒアリングを始めてみる

英語を聞く
英会話教室に通ってトラベル英会話を習得する方法もありますが、それだとお金も時間も掛かりますよね。。低予算でサクッと済ませたい人におすすめなのが、自宅や通勤でヒアリングをしてみる事です。ヒアリングの英語教材なら本屋・CDショップでも安く手に入ります。

 

 洋画を英語字幕でみる⇒日本語字幕でみる

映画が好きな人は、お気に入りの洋画でヒアリングを鍛えるのも良いでしょう。一度目はストーリーを楽しむ、二度目はヒアリングに集中する…といった方法なら映画も楽しめて英語も身に付き、一石二鳥です◎

 

 英会話アプリを使う

最近のアプリは無料のものはもちろん、月に1,000円程度でも本格的に英語を学べるものなど、必要に応じたアプリを選ぶことができます。数ある英会話アプリの中でも、ユーザーおすすめのものを少しだけ紹介します^^

 

・Duolingo(デュオリンゴ)
こちらのアプリはユーザーの中でも大御所と呼ばれることもあるほどで、GooglePlayのベストオブベストを獲得した事があります。英会話アプリの大手と言われており、基本は無料ですが使いやすさはもちろんゲーム感覚で英語を学べるという口コミ評判でもお墨付きのアプリです◎

Duolingoの詳細はこちら

・iKnow!(アイノウ)
こちらのアプリは「DMM英会話」が運営しているアプリで、月額は1か月プランで1,480円とやや高めです。高めの値段設定である分、コツコツと隙間時間に勉強するだけでも十分な英会話能力が身に付くと評判です。短期集中型を希望する人におすすめです。ちなみにこちらのアプリは有料と説明しましたが、DMM英会話の有料会員になると無料で使えます◎

iKnow!の詳細はこちら

自分自身の今の英語力に適したアプリはどれなのか、きちんと調べてからインストールするようにしましょう◎

 

 英単語や文法の基礎を暗記する

  • 中学生の時によく行っていた勉強法かもしれませんが、使う可能性が高い単語や文法を単語帳に書き留めてみましょう。その単語帳を通勤時間などの移動中に見ているだけでも、多くの単語や文法を覚えられるはずです。覚えるにしても、旅行中に使うことがありそうな単語や文法を集めるのが良いでしょう◎
  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • 誰が(Who)
  • 何を(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)
  • どれくらい(How many)
    …を表す5W2H。

 

  • 私は~が欲しい(I want~)
  • 私は~したい(I want to~)
  • ~して頂けますか(Could you~)

単語や文法を理解してきたら、毎日の出来事を英語で日記風に書き留めてみる事で復習にもなるのでおすすめです!

 

 実際に英語を話す機会を増やす

レッスン
これまで紹介した英会話習得方法は全て一人でもできるものでしたが、やはり実際に英語を話す機会を増やせれば、それに越したことはありません。少しお金と時間はかかりますが、英会話スクールに通って強制的に話す時間を増やすことで上達できます◎

スカイプなどの無料通話アプリを使った英会話教室で、自宅にいながらマンツーマンで英会話を学べるオンライン英会話サービスもあります。受講は24時間可能というものが多いのでチェックしてみてください^^

レアジョブ オンライン英会話

 日本語が通じる国を世界一周プランに入れてみる

母国語が英語という国は多く、世界一周旅行をするなら英語が欠かせないと思いますよね。しかし広い世界の中には英語が話せなくても、日本語で旅行を楽しめる国が実際にあるのです。例をあげてみます。

 

 ハワイ

ハワイは日系人が多く住んでいる国だと言われています。そのため親日家が多く、英語を話せなくても旅行を楽しむ事ができます。観光客も日本人が多いため、海外にいながら日本語が通じ、世界一周旅行をするのに何かと不安だという人は、ぜひハワイに行ってみてください。

 

 台湾

台湾
ご近所の国とも言える台湾にも親日家が多いです。昔台湾を日本が統治していた時代があり、年配者のほとんどは日本語が話せると言われています。馴染みの漢字が標識や地図でも使われているため、多少道に迷っても何とかなりそうです◎

 

 パラオ

美しい海と自然が豊かなパラオも親日家が多く、英会話が不安だという人にもおすすめの国です。パラオは日本とオーストラリアの中間辺りに位置しています。遠いと思いますが、直行便を使えば4時間程で着くため、世界一周旅行の一か国目はパラオにしても良いかもしれません。

パラオの国旗は日本の国旗とよく似ていて、日本の太陽に対してパラオは月を意味しているんですよ♪

 

 実際に世界一周旅行をした人は英語の必要性をどう感じたのか?

 英語を話せると、相手の言っている事も理解できる

英語で会話する
当然の事ですが意思の疎通が楽になります。相手が何を言いたいのか、こちらから言いたいことを伝えるには、基本的な英単語・英文法が使える事が必須になってきます。そして、英語が堪能であれば現地人と会話することでその国の価値観や文化をより深く知ることができるのは、大きなメリットといえます。

 

 ある程度の簡単な会話はジェスチャーでも何とかなる

英会話をほぼ完ぺきに理解したつもりでも、実際使う場面になって浮かんでこないこともあります。そんな時でも、とっさにジェスチャーを使う事で簡単な意志の疎通はできるのです。レストランではメニュー表を指し、それを二つ欲しいなら指を二本立てれば大丈夫。ホテルの場所を探しているのなら地図を見せて、ホテルの場所を示せば察しはつきます。

 

 各国の人たちとコミュニケーションを取るのも旅の思い出になる

友達になる
世界一周旅行をする目的に、世界遺産巡りをしたい人もたくさんいるのではないでしょうか。世界遺産をただ見るだけなら、周囲との会話は必要ないでしょう。しかしそれではせっかくの海外旅行を堪能できたとは言えません。

それぞれの世界遺産で巡り合った人たちと会話を楽しむだけでも、旅の思い出は一気に増えます。簡単な会話ならジェスチャーでも伝わりますが、感動の共有をしようと思ったら英語は話せないより話せた方が良いといえます。

いかがでしょうか。英語は話せなくても、翻訳アプリやジェスチャーでも世界一周旅行は可能かもしれません。しかし緊急を要する事や、旅の思い出を増やそうと思ったら英語は話せた方が良いもの。これから世界一周旅行に行こうと計画している人は、少しずつ自分に合った方法で勉強してみてはいかがでしょうか◎

これで安心!海外旅行で英語に困らないためにチェックしたいアプリ15選

卒業旅行で使える英語集!覚えておけば間違いない会話をシーン別にご紹介!

 

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。