【クルーズ旅行】で全国を旅するメリット・デメリット!10万円で日本一周♡

これまで電車や飛行機、車などの移動手段を活用してきた人でも、クルーズ船となるとまだ未体験ではないでしょうか? リッチなイメージのクルーズ旅行ですが、実はお手頃価格で日本一周の移動手段にもなり得ます。こちらの記事ではクルーズ旅行で日本一周するメリット・デメリットなどもご紹介♪ぜひ検討してみてくださいね。

『日本一周してみたい人』
『長期旅行に憧れている人』におすすめ!

10万円で日本一周できる?

※こちら、および以下の画像はイメージです。


10万円あったら旅行したいという人は多いと思いますが、「日本一周したい」という人は少ないのでは? しかし、工夫すれば「日本一周」に近い、日本の各地を巡る旅ができます。

自転車やヒッチハイクなどを想像しましたか? 実は、船を利用した旅行である「クルーズ旅行」が今回ご紹介する旅行方法なんです^^

 

クルーズ旅行とは

クルーズ旅行は、クルーズ船を所有する企業や、クルーズ船を丸々一隻チャーターした旅行社の提供する船旅のツアーを利用した旅行です。一定の期間にわたって、船でいくつかの寄港地を巡る間、船内の客室に滞在&宿泊し、朝・昼・夜の食事や衣服のクリーニングなどを基本的にすべてインクルーシブ、つまり無料で利用して過ごす旅となります。

クルーズ旅行自体は短期間なら3日間などでもあります。日本一周では10日間で設定されていることが多いです。1日ごと8日間で各地のポイントを巡り、9日目は終日クルージング、最終日の昼食後に出発地の港に戻ってくるというような流れになります♡

 

10万円で「日本一周」クルーズ旅行をするコツ

特定シーズンの限定割引を利用する

旅行好きのみなさんなら「お正月・先着10組限定」などといったフレーズを何度も見聞きしたことがあるでしょう。旅行社やクルーズツアー会社でも、ツアーを売り込む際にこれと同様の特定の期間・限られた人数の限定割引サービスを提供します。

通常の申し込みでは数十万円かかるような日本船の日本一周プランでも、限定割引であれば10万円以内に収まることがあります。サイトをチェックしたり、クルーズ会社に資料請求するなどしてふだんから情報収集しておくとよいでしょう!

 

外国船を利用

特定のシーズンで早い者勝ちのプランを逃してしまった、現在そのようなプランが提供されていないという場合、次に検討したいのが外国船の利用です。クルーズで日本一周する場合、日本で作られた日本企業の運営する「日本船」が日本を発着するツアーがあります♪

しかし、日本船で行くクルーズツアーは最低でも20万円前後と高額><他方、外国で建造され外国の会社が運営する「外国船」利用の場合、設備やサービスが日本仕様と異なるためにやや敬遠されるため、日本船でのクルーズツアーに比較すると価格が抑えめなのです!

 

船室は「内側」「ツイン」を選択

大型のクルーズ船の船室は、船の外側で船体に開いている窓から外部の見える「オーシャンビュー」と、外の景色が全く見えない「内側」とに分かれます。
ホテルと同様にクルーズ船でもオーシャンビューの船室のほうが内側よりも高額の設定になっています。

つまり、あえて多くのニーズとは逆の内側を選択すれば、お得に乗船できるというわけです。また、船室のタイプも「スイート」ではなく「ツイン」などにして、シンプルなプランを選びます!

 

複数人で申し込む

もしグループで旅行できるなら、複数人で申し込むようにしましょう。船室は基本的に2人までですが、申し込みは4人などでも申し込める場合があります。このように複数人で申し込める場合、割引された料金設定となっていることが少なくありません。旅行代金を節約することができますよ◎

 

なるべく無料で済ませる

多くのクルーズ船内では有料のアクティビティやスパなどのサービスが提供されています。オプショナルな高級レストランの味などを試してみたくなりますが、ここはぐっとガマンです><注意が必要なのがルームサービスとインターネットです。

ルームサービスは24時間無料で頼めますが、外国船の場合、商品は無料で注文できてもチップが別途必要になります!また、ネット接続は船内の全域で可能となっていても、接続が有料で、何時間につきいくらというようなパッケージを申し込まないとWi-Fi接続させてもらえません。

 

こちらの旅行プランは、2019年7月31日時点で確認できる、10万円以下のプランのある日本周遊クルーズです。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

MSCスプレンディダ|クルーズ専門旅行会社 マーキュリートラベル

クルーズ旅行で日本一周する【メリット】

では、クルーズ旅行で日本一周するメリットにはどのようなことがあるのでしょうか? 10万円という料金以外に魅力のあるポイントをいくつか挙げてみましょう♪

 

移動時間が節約できる

クルーズを利用する最大の魅力は移動時間の節約です。飛行機や電車などでは、他の乗客の迷惑にならないように、なるべく音を出さず、身動きをせずおとなしく座っている必要がありますよね。食事を自由に取ることは難しいですし、他の乗客の手前、トイレに行くのも気を遣う場合があります。

車での旅では比較的自由はありますが、自分や同行者が運転するため移動で疲れてしまうこともしばしば。特に渋滞に巻き込まれてしまったときなどは、移動による疲労の回復のためだけに時間を費やす必要が出ることもあります。他方、クルーズツアーなら、移動時間のそのときにも食事や睡眠、船内でのショーやスポーツに興じることができます!

 

移動中に美味しい食事ができる

クルーズ船内では外出して食事先選びができない代わりに、腕の良いシェフの作る美味しい食事が楽しめます◎朝昼夜の食事が基本的に無料で提供されます。長時間オープンしているブッフェなら、様々な料理をよりどりみどりで味わえますし、メインダイニングであれば軽食でもコース料理でもゆったり堪能できますよ♪

 

景色がきれい

クルーズだからこそ楽しめるのが「海から」見る景色です!朝日や夕日に照らされた陸上の建物を見る機会は、ふだんの暮らしではまず楽しめません。一度行ったことのある、多少の知識のある観光地を巡る旅であっても、いつもと違った角度から見ることで長く記憶に残る特別な体験になるかも!

 

エンターテインメントも楽しめる

船内で音楽やマジックなどのショー、ゴルフやプールなどのスポーツ設備、絵画や音楽、語学を学ぶ講座が利用できるクルーズもあります。まるでバケーションで長期滞在するリゾートホテルみたいですね♪船室でのんびりするだけでなく、これまでにない旅行の楽しみ方を発見できることでしょう^^

 

人との出会いの機会がある

クルーズ旅行では、他のツーリストたちと一緒にイベントに参加したり、食事のテーブルが隣席になったりすることから、初対面の人たちとの会話が始まることがあります◎特に、趣味やアクティビティの興味が近い人であれば、顔を合わせる機会が増え、思いもかけない人と仲良くなれるチャンスがあるのです。ふだん触れあえないような人たちとの対話でアイディアを得たり成長したりすることもあるかもしれません♪

 

クルーズ旅行で日本一周する【デメリット】

では、クルーズ旅行で日本一周するデメリットは何でしょう? 上に挙げたポイントの裏返しとなるパターンもあり得ます。それらの対策と一緒に確認していきましょう。

 

移動中の不意の発見が少ない

クルーズツアーでの旅行の場合、移動はすべて船員におまかせ。電車で途中下車したり空港からのバス・タクシー・レンタカーで見かけて立ち寄ったり、というような思いがけない発見が少なくなってしまいます。

特に、移動中に船内のイベントに集中してしまうと、気がついたら次の寄港地となってしまい、景色を確認するのがおろそかになってしまうこともあります。

 

  • クルーズ行程をよく確認し、遠くから見たい景色がいつ頃見えるのか事前にチェックしておく(船員さんに確認がとれれば◎)
  • 船内イベントに参加していても気づけるように、スマートフォンなどのアラームをセットしておく(あるいは時計で確認)
  • 船内イベントに参加中に、次の寄港地の話題を出してみる(乗船が初めてでない人が観光のアドバイスをくれるかも)

移動中は船に乗り続ける必要がある

クルーズ船では、基本的に途中で船を下りられません。途中でレンタカーに乗り換えて旅行ということも、旅行プランに入っていない限り難しいでしょう。さまざまなアクティビティに参加しても、エンターテインメントを見ても「船に飽きた」となってしまう恐れはあります。また、単に飽きた程度であれば大きな問題はないでしょうけれども、例えばひどく船酔いしてしまうなど旅行に差し支える状態となってしまうと困ってしまいますよね。

 

  • 事前にフェリーや、ランチ/ディナークルーズなどの短時間の乗船を試してみる(心身共に船旅に耐えられるかチェック)
  • 船内でできるような暇つぶしのツールを持っていく(本や電子書籍、アプリ入りのスマートフォンとモバイルバッテリー、スケッチブック、水彩画道具セットなど)
  • 念のため、酔い止めを買って持参する

ただの旅行者でいられなくなる

特に、「一人旅のほうが気楽でいい」と思うタイプの人が悩みそうなのが、クルーズ船内で匿名の状態でいられないことです!

一緒に旅行する人と行動を共にする時間が長くなるだけでなく、船室が近い人やイベント・アクティビティでよく会う人と顔見知りになることで、さながら「ご近所さん」が増えた状態にもなり得ます。時々だれも見ていないところで一人になることで気力を充電できるというタイプの人は、社交的にならないといけない時間が長く、窮屈に感じることもあるかもしれません。

 

  • 乗船したら一人になれる場所を探す(デッキやバーなど)
  • 同行者と、別行動する時間帯を相談しておく
  • 船室でのんびりできるよう、暇つぶしの道具を持参する

嫌な人と度々顔を合わせることになるかも

飲食店や観光先でたまに店員さんに向かって横柄な態度を取っている人を見かけることがありますよね。もしかしたら、食事やアクティビティでこのような人に遭遇してしまうかもしれません、、

陸上での移動であれば、その観光スポットを離れればそれで終わりです。しかし、クルーズ船では移動や宿泊は同じ船内で過ごさなければならず、嫌な人を完全に避けることが難しい恐れがあります。

 

  • 一人で行動しない(一人のときは船内のスタッフの近くに移動する)
  • イヤだなと思ったらなるべく早くその場を離れる(コース料理は1人1回利用となるが、ブッフェなどは無料で利用できる)
  • 他の人が困っていたら船内のスタッフに助けを求める

食事の選択の自由が限られる

「豪華なのはいいけれど、船内での食事がしっかりしたものが多すぎてツラい」という、胃腸が弱めの人もいるかもしれません。たしかに、軽いスナック程度でよいタイプの人なら、ディナーが何日も続くと食べきるのがしんどくなってしまうでしょう。

 

  • 船内にはカフェもある(あえて重い夕食を抜くのもあり)
  • 残すのもOK
  • 心配なら胃薬を持参するか、船内の医務室へGO

クルーズ旅行での日本一周の計画はお早めに

以上、クルーズ旅行と、クルーズ旅行での日本一周のメリット・デメリットをご紹介してきました!

クルーズ旅行をする場合、日程を確保する必要があります。アルバイトや学校のスケジュール調整が重要になります。もし複数の仲間で行くのであれば日程調整はよりシビアに!ぜひ事前によく相談しあって、良い旅行にしていきましょう♪

電車で日本一周できるの?!専用チケットや方法、体験談などご紹介♪

世界一周クルーズをするには?気になる費用や日本発着のクルーズ船をチェック!

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。