プラスチックバッグはどうして非エコ?海外での取り組みをご紹介♪

プラスチックバッグに埋もれる女性

政府が2020年を目処にスーパーなどでのプラスチックバッグの有料化を義務化すると発表しました。海外ではすでにプラスチックバッグだけでなく、その他のプラスチック製品に関しても削減などの動きが加速しています!プラスチックはなぜそんなに環境に悪いのでしょうか?どうすれば私たちはエコな暮らしをできるのでしょうか?

『プラスチックバック有料化のニュースが気になる人』
『エコな暮らしをしたいと思っている人』におすすめ!

いまさら聞けない!どうしてそんなにプラスチックは環境に悪いの?

プラスチックバッグを咥えるウミガメ


1:原油を精製した”ナフサ”という原料から作られている

原油の量は有限のため、今のペースで使い続けると数十年のうちに枯渇するともいわれています!

 

2:化学的に安定しているので自然界で分解されない

金属や木材はもともと自然界にあるため、錆びたり腐ったりして分解されますが、プラスチックは細かく砕けたりバラバラになったりすることはあっても分解はされません

 

3:ものによっては燃やしたときに有害ガスを発生する

現在は、焼却炉の改良によって先進国ではあまり大きな問題にはなっていませんが、発展途上国では引き続き問題として残っています!

 

4:使い捨て製品も多く大量のごみが発生する

プラスチックバッグ以外にもペットボトルなどプラスチックは、比較的使い捨ての製品に使われることが多く、大量のごみが発生することが問題になっています!

 

5:海や山などに捨てられたプラスチックバッグなどを食べた野生動物が死んでいる

プラスチックバッグのように薄いプラスチック製品を食べたことが原因と思われる野生動物の死骸が発見されています。また、日本では奈良の鹿などの胃から観光客によって持ち込まれたと思われるプラスチックバッグがみつかる例があります!

 

6:マイクロプラスチック問題

一般的に5mm以下のプラスチック粒子のことをいいます。マイクロプラスチックには、はじめから小さかった一次マイクロプラスチックと、もともと大きかったものが自然界で劣化して小さくなった二次マイクロプラスチックがあります。

これらが海洋汚染の原因になっています。意外なところでは、歯磨き粉の研磨剤がこれにあたります!

 

海外の取り組み1:EUの場合

EUの旗


各国の取り組みをみる前に、2019年5月にEU理事会によるプラスチック製品に関しての決議をご紹介します♪

 

  1. 代替え品があるプラスチック製品の販売禁止
    フォークやスプーン
    のほか、綿棒の軸などもこれに含まれます!
  2. プラスチック製の飲料・食品容器の消費抑制措置
    日本でもタピオカドリンクのお店でのごみの問題が話題になっていますね!
  3. プラスチックボトルの分別回収目標を2025年までに75%・2029年までに90%と設定
    日本では2012年の時点で、ペットボトルの分別回収率は90%を超えているというデータがあります!
  4. PETボトルのリサイクル材の使用比率を2025年以降25%・プラスチックボトル全体で2030年以降30%と設定
    分別回収率の高い日本ですが、ほとんどが焼却によって熱エネルギーとしてリサイクルされる(サーマルリサイクル)ため、国内で資材としてのリサイクルは10%に満たないといわれています!
  5. たばこフィルターや漁具に拡大生産者責任を適用し、ごみの清掃費用にする
    拡大生産者責任とは、生産者の責任が製品の使用後にまであると拡大して考える環境用語です!

これらの目標や規則は一部を除き、EU加盟国すべてで国内法化する義務があります!EUには現在、28ヶ国が加盟しているので、世界への影響力も大きいですね!

 

海外の取り組み2:イギリスの場合

バッキンガム宮殿場所『バッキンガム宮殿』


  1. 王室領地内でのプラスチックストローとペットボトルの使用をエリザベス女王が禁止
    具体的にはスタッフ向けの食堂でのプラスチック製品の使用禁止や、バッキンガム宮殿だけでなくウィンザー城などでの宴会の食器を陶器製にするそうです◎
  2. 廃プラスチックによる難民シェルター
    シリア内戦などによる難民が暮らすシェルターを廃プラスチックから造る研究をバース大学がしています!構造は組み立て家具に近いそうですよ♪
  3. アディダスがマンチェスターユナイテッドのユニフォームを海洋プラスチックごみから作成
    欧州カップ優勝50周年を祝うためのサード・ユニフォームとして作成されました。色はロイヤルブルーとゴールドで”海”と”1968年当時のロイヤルブルーのユニフォーム”を意識したデザインだそうです!
    また、アディダスは一般向けにも海洋ごみから製造したトレーニングウェアなどを販売しています♪

王室ホームページ(英語)

バース大学へようこそ(日本語公式)

ADIDAS X PARLEY COLLECTION(プラスチック廃棄物を再生した商品のページ)

海外の取り組み3:フランスの場合

水のペットボトル


  1. ”プラスチック製の食器や使い捨て容器を禁止する”法律を2020年に施行
    フランスはすでにスーパーでの食品廃棄を法律で禁止するなど環境先進国といえます!
  2. エビアンが100%リサイクルボトルを導入すると発表
    2018年1月に現在25%ほど使用されているリサイクルペットボトルを2025年までに、100%リサイクル資材によるペットボトルにすると発表しました◎
    つまり、成功した場合には、新しくプラスチックを生産しなくてもペットボトルを作ることができるということになります!

evian

海外の取り組み4:スウェーデンの場合

ドレスの女性

1:埋め立てるごみはたったの1%

生ごみと瓶や缶などのリサイクルできるごみを完全に取り除き、それ以外のごみは特殊な焼却炉で燃やしてエネルギーとして利用しています!

2012年からは近隣諸国のごみを有料で受け入れているほど、このシステムはうまくいっています◎結果として、廃棄物として扱われるのはアスベストなど燃やすと有毒な約1%のごみだけになりました!しかし、この方法にはリサイクルの促進を妨げるなどの批判もあります。

 

2:人気ファストファッションのH&Mが海洋ごみをドレスに

日本でも人気のH&Mは、2017年に”H&M CONSCIOUS EXCLUSIVE”として海洋ごみとなったプラスチックから優雅なドレスのコレクションを発表しました!シフォン素材のドレスは、とても元プラスチックごみとは思えません♡

また、H&Mは2019年には、廃棄食品から作られた洋服のコレクションも発表しています◎

 

3:新技術でマイクロプラスチックを二酸化炭素と水に

プラスチックが安全な成分になるには、自然の状態では長い時間がかかります。ロイヤル技術研究所は、この分解を促進するフィルターを開発しました!分解後のプラスチックは二酸化炭素と水になります◎

 

プラスチックゴミ→ドレスに!【H&M CONSCIOUS EXCLUSIVE】のグッとくる取り組み(@BAILA)

【H&M CONSCIOUS EXCLUSIVE】廃棄食品によるドレス(スウェーデン語)

【ロイヤル技術研究所公式】EU testing way to use Sun to break up plastics in wastewater(英語)

海外の取り組み5:オランダの場合

野菜


スーパーに100%プラスチックフリーの食品売り場がオープン

2018年に大手小売りチェーンの”Ekoplaza”は、世界初の試みとしてアムステルダム店にプラスチックを一切使用しない食品売り場をオープンしました。商品の梱包だけでなく、売り場も木材や他店の照明を再利用するなどの徹底ぶり!

今後は国内全店に導入予定だそうですよ♪

 

Ekoplaza(英語)

海外の取り組み6:アメリカの場合

ホワイトハウス場所『ホワイトハウス』


国家レベルでは温暖化対策の枠組みである”パリ協定”から脱退するなど、環境問題で世界と逆行するアメリカですが、企業レベルではさまざまな取り組みが行われています!

 

1:マクドナルドがエコな包装材を導入へ

2025年までにすべての食品包装をリサイクル可能なものなどエコな資材に変更し、店舗でのごみを100%リサイクルすると発表しました!
世界最大のファーストフードチェーンですから、実現されればかなりの影響力ですね!

 

2:海洋ごみプラスチックから作った水筒をスターバックスが販売

この水筒はただ再生プラスチックが利用されているだけでなく、持ち手には海を意識したブルーのプラスチックが使われるなど、デザインにもこだわりが♪また売り上げの一部は、海洋ごみを回収する団体に寄付されます!

スターバックスは2020年までにプラスチックのストローを廃止することでも話題になりましたね!こちらもスターバックスだけで10億本以上の削減が見込めるそうですよ!

 

スターバックスコーヒージャパン

日本マクドナルド

覚えておきたい”アップサイクル”というキーワード!

リサイクルゴミ箱


これまで、私たちはプラスチックなどを再生利用するときに”リサイクル””リユース”という言葉を使ってきました!しかし、現在では、ごみとなったもの、古くなったものを単純にリサイクルするのではなく、”新しい価値をつけて再生する”、アップサイクルが世界で注目されています♪

記事中で紹介したアディダスやH&M、スターバックスもアップサイクルの例といえます◎これは企業レベルのことばかりではなく、”食べ終わったプリンの容器でハーブを育てる”といった身近なレベルでも可能なことです♡ごみとなった容器に植木鉢という新しい価値”をつけたことになるんですね!

 

アップサイクルに参加する意識を

世界ではいろいろな取り組みがあることがわかりましたね!分別回収率の高い日本ですが、利用方法についてはまだ考える余地がありそうです◎

”自分にできることはないよ~!”と思っているあなたも、同じ製品を比較購入するときにプラスチックごみ問題に積極的に取り組んでいる企業の製品を選んだり、簡単なアップサイクルを日常の中で行ったりするだけで貢献することができますよ♪

プラスチックストローが消える?日本と海外のエコに対する取り組み◎

【デュアルライフ】今人気の新しい働き方&旅行の仕方◎

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。