冬のひとり旅に!冬景色が美しい国内のスポット18選◎

貴船

国内でひとり旅をするなら季節はいつがいいですか?桜が見頃な春?長期休暇がとれる夏に遠くへ旅をするのも楽しいし、紅葉を見に秋にひとり旅をするのもいいですよね^^でも、寒さの厳しい冬こそ美しい冬景色をみながら自分を再発見でき、ひとり旅には最適なのです。今回は冬のひとり旅におすすめのスポットをご紹介します♪

「冬におすすめの国内スポットを知りたい人」
「冬に国内でひとり旅をしたい人」におすすめ!

 

1.函館(北海道)

函館山photo@函館


冬の函館はたくさんの魅力が詰まっていますが、夜景はおすすめの一つ。写真はロープウェイで函館山山頂に登ると見える夜景ですが、イルミネーションや花火など幻想的な世界を感じられます。冬の函館は静かで煌びやかなので、一人での街歩きもゆったりと楽しめます◎

星形の形状が特徴的な五稜郭も人気観光スポットの一つ。夜になるとライトアップされるので、五稜郭タワーからその景色を眺めるのもおすすめ♡年末年始には、函館山山頂でカウントダウンイベントがあり、また五稜郭タワーからは初日の出が見られることも。また函館朝市では新鮮な海鮮を存分に味わえますよ♪

 

函館公式観光情報

2.札幌雪祭り(北海道)

札幌雪祭りphoto@札幌雪祭り


毎年1月2月にテレビ中継される「さっぽろ雪まつり」。雪で作ったとは信じがたいほど精巧に作られた作品もあり、毎年肉眼で見てみたいと思う観光客がたくさん訪れるお祭りです。また、夜になるとライトアップもされ、その幻想的な空間に魅せられます♡

 

さっぽろ雪祭り(公式)

3.オホーツクの流氷(北海道)

オホーツクの流氷photo@オホーツク


オホーツク海は、11月中旬頃からサハリンの北辺りに流氷ができ始め、1月中旬頃網走の沖合も流氷になり始めます。冬の北海道を旅するなら、流氷観測がおすすめです♪

ただ眺めるだけでも感動しますが、網走から運行している「網走流氷観光砕氷船 おーろら」に乗れば、流氷が広がる海面を船上から眺めることができます♡

 

網走流氷観光砕氷船 おーろら

4.銀山温泉(山形県)

銀山温泉photo@銀山温泉


NHK連続テレビ小説「おしん」の舞台となったことで広く知られるようになった銀山温泉は、昔ながらの温泉街の雰囲気が楽しめます。大正時代の旅館が並び、夜になるとガスライトが付き趣のある風情に、足を止めて眺める人も。

この光景を守るために、保存条例も定められているという銀山温泉にぜひ足を運んでみてください^^

 

銀山温泉

5.大谷の雪の壁(富山県)

大谷photo@大谷雪の壁


雪の大谷とは、標高2450mの立山室堂平のそばにある大谷の吹き溜まりを、ブルドーザーで除雪して作られた道のことです。雪の高さは、20m近くの部分もあり、距離は約500mくらいとなっています。

毎年4月から6月の間に開催される「雪の大谷ウォーク」では、歩行者用通路として片側を歩くことができ、海外からもたくさんの観光客が訪れています。メッセージエリアでは、雪の壁に字を書くこともできますよ♡

 

立山黒部アルペンルート

6.草津温泉(群馬県)

草津温泉photo@草津温泉


有馬温泉、下呂温泉に並ぶ日本三名泉の一つとして知られる群馬県の草津温泉。草津温泉と言えば、有名なのが温泉街の中心地にある源泉の湯畑です。非常に温度の高い源泉を冷ますために、昔は六尺板という大きな板を使い源泉をかき混ぜましたが、現在この作業は「湯もみ」と呼ばれショーとして行われています◎

また、夜の湯畑はライトアップされ、冬になると雪景色と相まってとても幻想的です♡無料の共同浴場や足湯もあって、日帰りでも楽しむことができ、忙しい方のひとり旅にも最適です♪

 

草津温泉ポータルサイト

7.芦ノ湖(神奈川県)

芦ノ湖photo@芦ノ湖


箱根に行ったら、立ち寄りたいのが芦ノ湖。芦ノ湖の上に浮かぶ富士山がとても美しく、心が洗われます♡芦ノ湖のそばには箱根神社があり、ゆっくりと散策できます。

芦ノ湖ではクリスマスや新年、節分の時期などに花火大会が開催されます。夏の花火も風情がありますが、冬の澄んだ夜空に色濃く浮き上がる花火は絶景です♡

 

芦ノ湖(公式)

8.尾ノ内百景氷柱(埼玉県)

秩父氷柱photo@尾ノ内百景氷柱


秩父と言えば、毎年1月上旬から2月下旬まで開催される「三大氷柱」は絶景として人気があります。写真はそのうちの一つである「尾ノ内百景氷柱」で、尾ノ内沢からパイプを引いて尾ノ内渓谷に人工的に作られた氷柱です。

尾ノ内渓谷は緑と清流の美しい景勝地として知られていますが、氷柱は吊り橋周辺に作られており、特に夜のライトアップはとても幻想的で見る者の心を奪います♡

 

秩父観光協会

9.渋温泉(長野県)

渋温泉photo@渋温泉


渋温泉は長野県下高井郡山ノ内町にあり、1300年の歴史がある温泉で奈良時代の僧行基が開湯したと言われています。武田信玄も隠れ湯として利用したとされ、古くから人気のある湯治場でした。昔ながらの温泉街の雰囲気に癒されるとひとり旅の方も多く訪れています♡

温泉は全て源泉かけ流しで、源泉によって湧き出る成分が異なり、白濁・褐色・緑ががった湯などさまざまなタイプを楽しめるので、リピーターも多いと言われています。九個の外湯をめぐれば「苦(九)労を流す」と言われ、宿泊者は手ぬぐいに朱印を押しながら巡るのが楽しみの一つです。

 

渋温泉(公式)

10.金沢兼六園(石川県)

兼六園photo@金沢兼六園


石川県金沢市にある「兼六園」は、北陸新幹線の開通以来、関東からも行きやすくなり観光客も増えています。桜の時期や紅葉の時期も大変美しく人気があるのですが、雪景色も情緒があり絶景です♡

日本三名園のひとつとされる「兼六園」は、江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で、11月には「雪吊り」が施されます。近くにあるひがし茶屋街も人気観光スポットで、町屋様式の建物が並び立つ茶屋街で甘味やスイーツを味わえば旅の疲れも癒されます。また、近江町市場には新鮮な日本海の海産物が並びます。冬はカニのおいしい季節、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか^^

 

兼六園(石川県)

11.白川郷(岐阜県)

白川郷photo@白川郷


世界遺産にも登録されている、日本の美が集約されている「白川郷の合掌造り」。春夏秋冬どの季節に訪れてもその季節折々の美しさを味わえますが、中でも純白の雪に覆われ、ライトアップされた冬の景色にはため息が出るほどです♡

ライトアップは事前予約制となっているので、ぜひ予約をおすすめします♪

 

白川郷観光協会

12.清水寺(京都府)

清水寺photo@清水寺


清水寺と言えば、桜と紅葉の美しさが取り上げられることが多いですが、雪景色の美しさも見る価値があります。「清水の舞台から飛び降りる」という言葉で知られる舞台造りの本堂は、釘を使わずに組まれた柱が素晴らしく、見入ってしまいます♡

注意点として、ライトアップで有名な清水寺ですが、現在のところライトアップは春、夏、秋に限られており、残念ながら冬のライトアップはありません。ライトアップを見に行くなら、桜の時期と紅葉の時期にした方が良さそう……。

 

清水寺

13.鹿苑寺(金閣寺)(京都府)

金閣寺photo@鹿苑寺(金閣寺)


雪の京都と言えば、清水寺の他にもぜひ見てほしいのが金閣寺です。お釈迦様の骨をまつった舎利殿が金箔を貼り巡らしてあるため、金閣寺と呼ばれていますが、正しくは鹿苑寺といい、世界文化遺産にも登録されています。

金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土を表したものとされ、一面が雪に覆われる冬の美しさは格別です!

 

金閣寺

14.貴船神社(京都府)

貴船神社photo@貴船神社


冬の国内旅行では人気の高い京都ですが、もう一つおすすめなのがここ、縁結びで有名な貴船神社の積雪日限定ライトアップです。2015年から積雪があった日のみ特別拝観が行われ、朱塗りの灯籠が建ち並ぶ石段の本宮まで続く参道がライトアップされ、その幻想的な空間にうっとりしてしまいます♡

京都市内から車で約40分ほどのところにある、左京区蔵馬山の麓にある貴船神社は、豊かな自然に囲まれています。そのため、京都市内より寒さも厳しいため、防寒対策はしっかりとして行きましょう◎

 

貴船神社

15.倉敷美観地区(岡山県)

倉敷photo@倉敷美観地区


倉敷美観地区は、なまこ壁と白壁の蔵屋敷や風にそよぐ柳並木など、風情ある町並みを楽しめます。江戸時代には米の集積地として栄えた場所で、民藝館や考古館、大原美術館など文化的施設も多くある、歴史と美術を楽しめる地区です。

おしゃれな店や町屋を改装したカフェなど1日中散策しても飽きず、海外からの観光客も訪れる人気のあるエリアです。

 

倉敷観光WEB

16.長崎ランタンフェスティバル

長崎photo@長崎ランタンフェスティバル


「長崎ランタンフェスティバル」は、もともと長崎新地中華街で働く人々が、中国の旧正月を祝う行事が起源とされています。1994年にその規模を拡大してから、長崎の冬の名物として全国的に知られるようになりました。

長崎市内が15日間、約1万5千個のランタンと、大小さまざまなオブジェで彩られる様は幻想的で見る者を魅了します。

 

長崎ランタンフェスティバル(公式)

17.黒川温泉(熊本県)

黒川温泉photo@黒川温泉


熊本県の標高700mの山間にある小さな温泉地「黒川温泉」は、訪れた者がほっとするような懐かしさを感じる田舎の風景があります。冬季限定イベントとして、特産の竹を使用したイルミネーション「湯あかり」があります。

400個の灯篭が温泉街の坂道「いご坂」や温泉街を流れる「田の原川」などに設置され、毎日日暮れから22時まで点灯します。繊細な細工が施された竹からもれる灯りが広がる幻想的な空間を楽しめます♡

 

黒川温泉

18.沖縄ワールド(沖縄県)

沖縄ワールドphoto@沖縄ワールド


冬の沖縄は本州に比べて暖かく、寒さから逃れるために旅行される方も多いですよね^^沖縄に冬に行くなら、ここ沖縄の文化や自然、グルメを体験できる複合テーマパーク「おきなわワールド」がおすすめです♪

東京ドーム約4個分ほどの敷地面積があるため、夏であれば見て回るのに汗だくになってしまうこともありますが、冬なら快適に過ごせます◎おきなわワールドの中で特筆すべきは、約900m続く天然記念物の鍾乳洞「玉泉洞」。約30万年もの時間をかけて出来上がったという大自然の神秘に心を打たれます♡

1日4回公演している沖縄の伝統芸能「スーパーエイサー」が見られる他に、工房でシーサーの絵付け体験も。楽しみながら沖縄の自然や文化を学べるので、ひとり旅でも満喫できますよ♡

 

沖縄ワールド

以上、冬に国内をひとり旅するなら外せない場所をご紹介しました^^きれいな雪景色を見たり、ゆっくり温泉に浸かったり、ぜひひとり旅を満喫してくださいね♪

 

冬だから行きたい!冬におすすめ国内女子旅15選◎

 

国内ひとり旅におすすめ観光地~タイプ別BEST15~

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。