諏訪湖のほとりに現れた奇想天外な「空飛ぶ泥船」

異空間から来た宇宙船か! アニメの世界から飛び出した乗り物か! そんな圧倒的な存在感を放ち空に浮かぶのは「空飛ぶ泥船」。実はコレ、有名建築家がつくった茶室なんです!! 長野県諏訪湖のほとり、諏訪大社に抱かれた丘陵地に、このような奇想天外な茶室が点在しているのです!

「B級スポットが好きな人」
「絶景を見たい人」
「建築に興味のある人」
におすすめ!

丸いフォルムで諏訪の宙を浮遊する箱舟「空飛ぶ泥船」

 

地上3.5m、4本のワイヤーで吊るされ、空に浮かぶようにある「空飛ぶ泥船」。諏訪大社に抱かれた丘陵地に、民家や田畑に混じって突如その姿を現します。その光景は異様そのもの! まさに奇想天外!!

 

 

これが茶室というから驚きです。茅野市出身の建築家・藤森照信氏が設計・建築したものなのですが、個人的に茶室が欲しくなり所有している土地に設計・建築したというから、またビックリ!

 

 

土壁を思わす黄土色の壁面と銅板葺きの屋根、丸みを帯びたフォルムがなんともユニーク。窓や煙突だってしっかりあります。

 

 

茶室ということはもちろん内部に入ることができ、写真手前にあるはしごをかけて上ります。内部は約5.5平方メートル、3畳ほどの広さでテーブルや椅子が設けられ、バランスをとらないと微妙にゆらゆら揺れちゃいます!

 

 

大きな帽子のようにも見えてくる“泥船”。最初に見たときは奇抜そのものなのですが、周囲の畑や緑、背景に広がる八ヶ岳の山々などに目が慣れると、自然素材を使ったその風合いも手伝って、原始・自然の中に溶け込むような不思議なぬくもりを感じます。

 

世界で最も危険な茶室といわれる「高過庵」

 

「空飛ぶ泥船」の山側に、ツリーハウスのようにあるのは「高過庵(たかすぎあん)」。地上約6m。コレも茶室! 今にも倒れるんじゃないかと心配になるほど。

 

 

クリの木の上にちょこんと乗った「高過庵」は微妙なバランスを堅持!? アメリカのTime誌で「世界でもっとも危険な建物トップ10」にも選ばれています。

 

ココでお茶を点てるとは、ちょっと怖くて落ち着けないかもしれませんね!?

土の中に埋まるようにある「低過庵」

 

「高過庵」があれば「低過庵(ひくすぎあん」もあります。地中に埋まるようにあり、地上からは屋根しか見えないような造り。

 

 

竪穴式茶室とでもいうような姿をもっており、2段造りになった屋根の上部は横に水平スライド。青空を見上げながらお茶を楽しむこともできるのだとか。

 

 

「空飛ぶ泥船」「高過庵」「低過庵」、これらが“フジモリ茶室”と呼ばれる3部作。通常は外観のみ見学可能ですが、定期的に内部見学ができるガイドツアーも開催。かなりの競争率ですぐにいっぱいになってしまうので、興味のある方はお早めに。

 

藤本氏の処女作といえる神長官守矢史料館」

 

3つの茶室に加えて、藤森氏の処女作といえる1991年に建てられた「神長官守矢史料館(じんちょうかんもりやしりょうかん)」も、すぐ近くにあります。

諏訪大社の御柱をオマージュさせる、屋根を突き抜ける4本の柱がファーサードを彩り、鉄平石の屋根やサワラの外壁など、自然素材を巧みに取り入れた建物は、存在感とともに、自然に溶け込むような昔懐かしい温かみをもっています。

 

 

諏訪大社上社の神長官という役職を務めた守矢家に伝わる、さまざまな史料を展示していますが、近世にシカの首が75頭も備えられた諏訪上社の神事である「御頭祭」に関する展示は圧巻。館内の壁面は、無数のシカやイノシシの頭で覆われています。

 

 

◆空飛ぶ泥船・高過庵・低過庵◆
【住所】長野県茅野市宮川
【営業時間】見学自由
【アクセス】JR「茅野駅」よりタクシーで約10分
【HP】空飛ぶ泥船・高過庵・低過庵

※2020年4月現在、新型コロナウイルス感染症対策のため営業時間やサービス体制などが通常と異なることがあります

[All Photos by (C)tawawa]

【1泊2日1万円旅】ジブリの舞台となった山里でお肌つるつる極上温泉! ①

【1泊2日1万円旅】“人をダメにする!?”くつろぎを求めて湯河原温泉へショートトリップ!①

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。