今しか味わえないメロンより甘い生とうもろこしを使った「もろこしシェイク」

2020年3月に中目黒にオープンしたカフェ「OPEN NAKAMEGURO(オープン ナカメグロ)」。9月18日(金)からは、なんとメロンより甘い! “八ヶ岳生とうもろこし”を使った変わり種シェイクを期間限定で発売!! 淡いイエローをした見た目もかわいいもろこしシェイクのお味は?

「とうもろこしが好きな人」
「変わったシェイクを飲みたい人」
「まったりカフェが好きな人」
におすすめ!

生食できるフルーツのように甘いとうもろこし!

 

取材当日は、カフェのオープンテラスにとうもろこし畑が登場! このとうもろこしは長野県八ヶ岳の原村「HAMARA FARM」で栽培されたもの。

 

 

収穫体験もできるということで、まずとうもろこしを逆手に持って、下に折るようにするとパキッ! という音とともに簡単に収穫できるのですが、採った瞬間から水があふれだす新鮮さ。このみずみずしさあふれるおいしさが「もろこしシェイク」に丸ごと閉じ込められているのだとか。

 

 

皮をむくと、艶光りするほどきれいなとうもろこしの粒が姿を現します!

 

 

粒が等間隔にぎっしり詰まり、緑のコントラストと相まって黄色い宝石ともいえるようにピカピカ!

 

 

この “八ヶ岳生とうもろこし”、メロンより甘いといわれる平均糖度18度以上を誇り、1株から1本しか収穫しないという貴重なもの。生でも食べられるとのことなので、勢いよくガブッとひと口! 皮が薄いこともあり、粒がはじけ飛び、みずみずしさが口いっぱいに広がります。そのおいしさはまさにフルーツ!! その甘みとみずみずしさはビックリするほどで、生で軽く1本食べられちゃいます。

コーンの粒々感をダイレクトに感じる“飲むとうもろこし”

 

収穫体験や生食は残念ながら取材時だけですが、そんなおいしさあふれる“八ヶ岳生とうもろこし”を楽しめるのが「もろこしシェイク」650円。9月末までの限定販売で、1杯に1~1.5本分の八ヶ岳生とうもろこしを使用。カップに半分しか入ってないじゃ~んと思われるかもしれませんが、飲んでしまったのでありません! それほど濃厚なのでこの量がスタンダード、調度よいのです。

 

 

エシレバターやミルク、バニラアイスを加えた「もろこしシェイク」は、冷製コーンスープなどとはまったく異なるお味。コーンの粒々感をしっかりと感じることができ、とうもろこし本来の甘さや風味がダイレクトに伝わってくるよう。甘さは果物以上ですが、野菜ということもありお腹にたまるような満足感があります。

 

 

テーブル感覚が広くとられたゆったりできる店内も素敵。コーヒーやレモネード、ビールなどのドリンクに加え、クッキーやベーグルなどもそろい、今しか味わうことのできない「もろこしシェイク」を片手に、ゆったりしたひとときを送ることができます。

 

  

OPEN NAKAMEGURO(オープン ナカメグロ)
【住所】東京都目黒区上目黒2-9-17 NakameguroCrossover1F
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】不定休
【アクセス】東横線ほか「中目黒駅」東口1より徒歩4分
【HP】OPEN NAKAMEGURO

All Photos (C)tawawa

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。