国内旅行で人生で一度は訪れておきたい文化・自然世界遺産10選

世界には世界文化遺産と世界自然遺産に登録されたそれぞれの国を代表する観光地がありますが、どんな国にどんな場所が登録されているかご存じですか?今回はいますぐでも行くことのできる日本国内に絞って、世界遺産に登録されているおすすめの観光地を10選ご紹介します。ぜひ参考にして国内旅行を楽しんでみてくださいね!

『世界遺産に興味のある人』
『国内旅行に行きたい人』におすすめ!

日本国内にあるおすすめの世界文化遺産6選

1. 姫路城/兵庫県

photo @ 姫路城/兵庫県


平成5年、日本国内で2番目に世界文化遺産へ登録された兵庫県にある「姫路城」。木造の建物に石造の城壁と白色の土塀でつくられた日本ならではの城郭様式で16世紀中頃に確率したといわれています◎

城壁と統一された優美な外観は天を舞う白鷺のように見えることから別名「白鷺城(はくろじょう・しらさぎじょう)」として呼ばれることもあるのだとか♡

周辺には、徒歩圏内で移動できる「姫路市立動物園」や姫路城全景を見渡すことのできる絶景ビュースポット「イーグレひめじ」などの観光地もあるので、姫路城の観光とあわせて訪れてみてはいかがでしょうか?

2. 厳島神社/広島県

photo @ 厳島神社/広島県


平成8年、日本国内で6番目に世界文化遺産へ登録された広島県にある「厳島神社」。

敷地内には、唐様を主と和洋を加えた手法で建てられた「五重塔」と平面計画の円形を使う珍しい手法でつくられた「多宝塔」など世界遺産以外にも国宝・重要文化財に指定された建物が合計国宝6棟、重要文化財11棟3基あります◎

過去に一度焼失し、1241年に再建された厳島神社は、日本独自の文化を伝える優れた建築と、文化的景観を成している島全体が高く評価され、世界遺産へと登録されました

また周辺には散策を楽しめる宮島表参道商店街や宮島水族館などの観光地も◎夜になると神社がライトアップされ、昼間とは異なる景色が楽しめるので、ぜひ訪れてみてくださいね^^

3. 白川郷・五箇山の合掌造り集落/岐阜県・富山県

photo @ 白川郷・五箇山の合掌造り集落/岐阜県・富山県


平成7年、日本国内で7番目に世界文化遺産へ登録された岐阜県と富山県にある「白川郷・五箇山の合掌造り集落」。茅葺屋根の家が立ち並ぶ農村の文化や暮らしを感じることができる日本代表の原風景です。

多くの合掌造りのお家には現在でも多くの人々が生活をしており、ほかの世界遺産とは大きく異なる点でもあります*

合掌造りは大きな屋根と3~5階に構成されたつくりが特徴で、1階は居室、2階以上は屋根裏部屋、または寝室は作業空間として使われているのが一般的です♪

観光をする際には現在でも生活をされている方へのマナーと配慮を忘れずに観光を楽しんでください。

4. 日光の社寺/栃木県

日光

photo @ 日光の社寺/栃木県


平成11年、日本国内で8番目に世界文化遺産へ登録された栃木県にある「日光の社寺」。

敷地内には、徳川家康の霊廟として創建された「東照宮」や山岳信仰の中心として古くから崇拝されてきた「二荒山神社」、三代将軍・徳川家光の霊廟が境内地に造営されている「輪王寺」など国宝9棟、重要文化財94棟の合計103棟が世界遺産の対象物として登録されています。

17世紀の日本を代表する創造的才能を表現する傑作であることと、歴史上の時代を例証する建築様式、建物物群、技術の集積または景観の優れた例です。

自然と一体となった宗教空間を創り上げ、今なお受け継がれていることが選定理由としてあげられており、建物だけでなく自然の状態や調和の具合なども重要視されていることがわかります^^

四季折々の景色を楽しめるのも日光の魅力◎社寺以外にも、中禅寺湖や温泉などの観光スポット、土地柄を活かしたゆばやそばなどの特産品グルメなど、それぞれの楽しみ方で日光観光を満喫することできます^^

ぜひ楽しんでみてくださいね!

5. 古都奈良の文化財/奈良県

photo @ 古都奈良の文化財/奈良県


平成5年、日本国内で9番目に世界文化遺産へ登録された奈良県にある「古都奈良の文化財」。

敷地内には、聖武天皇が建立した「東大寺(正式名称:金光明四天王護国之寺)」と藤原氏の氏杜として建てられた「春日大社」、中国の唐から来日した高僧「鑑真」が建立した「唐招提寺」など合計8つの国宝建造物と特別天然記念物が登録されています。

古代日本の首都である奈良市には、8世紀当時の姿を伝える木造建造構築が残されていることや神社仏閣の建造物以外にも伝統行事を受け継ぐ場所として息づいていることなどを理由に世界遺産へと登録されました。

また周辺には、奈良を一望できる標高342メートルの「緑の丘」や仏教美術など奈良を中心として守り続けられてきた文化財を数多く展示している「珠玉の仏教美術」などの観光地もあります♪

奈良県には、「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた郷土料理「三輪そうめん」があります◎夏場は冷たく、冬場は温かくと一年中食べられる名物料理なので、ぜひ食べてみてくださいね♡

6. 富岡製糸場・絹産業遺産群/群馬県

photo @ 富岡製糸場・絹産業遺産群/群馬県


平成26年、日本国内で14番目に世界文化遺産へ登録された群馬県にある「富岡製糸場・絹産業遺産群」。

日本ではじめての官営模範製糸工場として建てられた貴重なスポットで、世界絹産業の発展と消費に大きな大衆化をもたらしたともいわれています◎

photo @ 富岡製糸場・絹産業遺産群/群馬県


四季チン内には「ブリュナ館」や真ん中に柱を立ててつくる「トラス構造」の室内など、外観やガラス窓、天井までも楽しむことができます^^

もっとくわしく知りたい、学びたいという方には解説員によるガイドツアーや携帯電話型の音声ガイドなどに参加することもできるので、興味のある方はぜひ調べてみてくださいね♡

日本国内にあるおすすめの世界自然遺産4選

1. 屋久島/鹿児島県

屋久島

photo @ 屋久島/鹿児島県


平成5年、日本はじめてとなる世界自然遺産へ登録された鹿児島県にある「屋久島」。観光地や避暑地としても有名な「屋久杉」のほかに「苔むす森」や「白谷雲水峡」などで構成されている大自然が作り出した観光地です◎

屋久島名物のトビウオを使った甘辛味付けの「ひつまぶし」や全長約22キロメートル、高低差約710メートルの縄文杉トレッキングなどグルメもアクティビティも豊富なので、少し多めに日数をとって余裕をもちながら観光を楽しむのもおすすめですよ♡

2. 白神山地/青森県・秋田県

photo @ 白神山地/青森県・秋田県


平成5年、屋久島と並び日本国内ではじめて世界自然遺産へと登録された青森県と秋田県にある「白神山地」。青森県南西部と秋田県北西部にまたがる場所に位置し、手つかずの大自然が残されている日本国内でも貴重なスポットです◎

その中でも推定樹齢400年のブナは白神山地の必ず見ていただきたいスポットとしても有名で知られています^^散策やエリア内にある十二湖めぐりなど多彩な自然散策を楽しむことができます^^

迷子にならないように青森県側にある「白神山地ビジターセンター」、秋田県側にある「白神山地世界遺産センター」を拠点として置くと便利ですよ♪

3. 知床/北海道

知床

photo @ 知床/北海道


平成17年、日本国内で3番目に世界自然遺産へ登録された北海道にある「知床」。標高約1,500メートルに及ぶ急峻な山々や海岸断崖などから構成されているスポットです♪

自然遺産の中でも最大の広さをもち、冬は海を覆いつくす流氷をクルーズで楽しんだり、クジラを鑑賞できるホエールウォッチングを楽しんだりとアクティビティ体験も満喫できるところが魅力^^

世界遺産へと登録された理由でもある絶滅危惧種や希少な動植物が多数分布しているので、しっかりとルールを守り観光を楽しんでみてくださいね!

4. 小笠原諸島/東京都

小笠原

photo @ 小笠原諸島/東京都


平成23年、日本国内で4番目に世界自然遺産へ登録された東京都にある「小笠原諸島」。東京から約1,000キロメートルほど南にある、30ほどの島々の総称で、南の楽園としても知られています◎

島内には、父島の南西に浮かぶ「南島」や父島の南側、丸縁湾にそびえる「ハートロック」などがあります。それぞれの島には、一度の上陸に15人以内2時間以内などのルールが設けられているところもあるので、必ず確認をするようにしてください!

また、大自然いっぱいの小笠原諸島では、テリハハマボウやマルハチなどの植物、カツオドリやメグロなどの生物が生息していることでも有名です。

都会のいそがしさを忘れさせるような癒しの空間でまったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

日本国内にあるおすすめの世界文化遺産6選、自然遺産4選の合計10選をピックアップしてご紹介しました。

人生で一度は訪れておきたい美しいスポットばかりなので、ぜひ旅行を計画される際には観光地として参考にしてみてくださいね^^

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。