【全国】最高樹齢2000年!悠久の時を感じる絶景の一本桜10選

日本の春の代名詞ともいえる桜。よく知られているのはソメイヨシノですが、寿命は60~80年程です。しかし全国には樹齢100年をゆうに越える野生種の一本桜がいくつもあり、最高樹齢はなんと2000年になるものも!人間より遥かに長いときを見つめてきた桜の圧倒的な生命力をぜひ間近で感じてみませんか。

『お花見をしたい人』『迫力のある桜を見たい人』
『桜のある絶景を見たい人』におすすめ!

※本サイトはアフィリエイト広告による収益が発生しています。

一生に一度は見たい日本五大桜


※写真はイメージです


日本で天然記念物に指定されている桜は39種類(2024年現在)。中でも、1922年(大正11年)10月12日に日本の天然記念物第1号に指定された5つの桜のことを「日本五大桜」と呼びます。どれも遥か長い時間を見つめてきた一本桜ばかりです。

  • 【山梨県】山高神代桜(やまたかじんだいさくら)
  • 【岐阜県】根尾谷淡墨ザクラ(ねおだにうすずみざくら)
  • 【福島県】三春滝桜(みはるたきざくら)
  • 【埼玉県】石戸蒲ザクラ(いしとかばざくら)
  • 【静岡県】狩宿下馬桜(かりやどのげばざくら)

まずはこの5つをご紹介していきます♪

1.【山梨県】山高神代桜(やまたかじんだいさくら)


photo@『山高神代桜』


「山高神代桜」山梨県北杜市の実相寺境内にあります。桜の種類はエドヒガンザクラで、樹齢は2,000年とも!日本最古の桜で、毎年3月下旬~4月上旬に満開となります。

この桜を植えたとされるのはヤマトタケルノミコト。また鎌倉時代に花の勢いが衰えた際には、この地を訪れた日蓮聖人が樹勢回復を祈願し再生したことから「妙法桜」の異名も持ち合わせています。さすがの歴史的エピソードばかりですね。

実相寺の境内では「山高神代桜」のほか、30本のソメイヨシノや8万株のラッパ水仙も見ることができます。ラッパ水仙は桜とほぼ同時期に見頃を迎えるためピンクと黄色のコントラストがとても華やかです◎

  • 住所:山梨県北杜市武川町山高2763
  • 問い合わせ:0551-26-2740
  • 見頃:3月下旬~4月上旬
  • 料金:無料
  • 見学可能時間:24時間
  • 桜の開花期間には「神代桜まつり」を開催

実相寺

山高神代桜(ほくとナビ)

2.【岐阜県】根尾谷淡墨ザクラ(ねおだにうすずみざくら)


photo@『根尾谷淡墨ザクラ』


岐阜県本巣市の淡墨公園内にある「根尾谷淡墨ザクラ」樹齢1,500年以上のエドヒガンザクラ。「淡墨桜」という名前は、薄いピンクのつぼみが、満開とともに白へ、そして散り際には薄い墨色と変化していくことから名付けられたのだそう。色の変わる花びらなんて素敵ですよね♡

毎年開花時期にはライトアップが行われ、濃紺の空に浮かび上がる真っ白な桜の姿は非常に幻想的です。例年午後6時40分~9時までと遅くまで実施されているので、夜に訪れてもじゅうぶんにその美しい様子を堪能できます。

  • 住所:岐阜県本巣市根尾板所字上段995
  • 問い合わせ:0581-34-3988(本巣市観光協会)
  • 見頃:4月上旬~4月中旬
  • 料金:無料
  • 見学可能時間:24時間
  • ライトアップ時間:18:40~21:00

根尾谷淡墨ザクラ(本巣市公式サイト)

3.【福島県】三春滝桜(みはるたきざくら)


photo@『三春滝桜』


福島県三春町には、町の名前のついた「三春滝桜」があります。樹齢1000年以上になるベニシダレザクラで、13.5メートルの高さから地面に向かって薄紅色の小さな花が無数に咲き誇ります。その姿は名前の通り、流れる滝のようです。四方に大きく広がった枝は、下から見上げたときに圧倒的な存在感を放ちます◎

その素晴らしさには多くの人が心を惹かれ「日本さくら名所100選」に選ばれているほか、赤坂サカス赤坂Bizタワー壁画「四季樹木図」(千住博画伯)は「三春滝桜」をモデルに描かれました。
満開は4月下旬頃が見込まれ、開花期間にはライトアップも実施されます。

  • 住所:福島県三春町大字滝字桜久保296
  • 問い合わせ:0247-62-3960(三春町役場 産業課商工観光グループ)
    0247-62-3690(三春まちづくり公社/みはる観光協会)
  • 見頃:4月中旬〜4月下旬
  • 見学可能時間:6:00~18:00(ライトアップ期間中は20:30の入場まで)
  • 料金:500円(中学生以下無料)(開花の翌日~葉桜まで)

三春滝桜(Find!三春)

4.【埼玉県】石戸蒲ザクラ(いしとかばざくら)


photo@『石戸蒲ザクラ』


「石戸蒲ザクラ」は埼玉県北本市の東光寺の境内にあります。エドヒガンザクラとヤマザクラが自然交配したもので、自生しているのは世界にこの1本のみ!「カバザクラ」という和名が付けられ、町おこしとして石戸蒲ザクラの子孫が北本市内にも植樹されています。

「蒲ザクラ」の「蒲」は鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟「蒲冠者源範頼(かばのかじゃみなもとののりより)」から。頼朝に追われた範頼が東光寺にたどり着いた際、突いてきた杖を地面に突き刺したところ、それが根付いて成長したとの言い伝えが残されています。

樹齢は800年以上で、一番の見頃は毎年4月10日前後白く可憐な花が咲きます。桜がそこに長くいることを示すかのような苔むした根元にもぜひ注目してください。

  • 住所:埼玉県北本市石戸宿3-119
  • 問い合わせ:048-594-5566(北本市文化財保護課)
  • 見頃: 4月上旬~4月中旬
  • 料金:無料
  • 見学可能時間:24時間

石戸蒲ザクラ(きたこれ)

5.【静岡県】狩宿下馬桜(かりやどのげばざくら)


※写真はイメージです


静岡県富士宮市にある「狩宿下馬桜」樹齢800年を超える日本最古のヤマザクラです。日本五大桜はどれも天然記念物に指定されていますが、「狩宿下馬桜」は1952年(昭和27年)にさらに学術的価値があると認められ特別天然記念物に指定されました。

「狩宿下馬桜」という名前は、源頼朝が富士の巻狩りの際に馬を繋いだとされていることが由来。そのため「駒止の桜」とも呼ばれています。花の咲き始めは淡いピンク色で、次第に白色へと変化していくので見る度に姿が変わりますよ♡

周囲には菜の花が植えられ、間近には富士山も大きく見えます。4月中旬には「狩宿さくらまつり」を開催。甘酒のサービスや特産品の販売も行われるので、美しい景色の中でぜひ楽しんでくださいね♪

  • 住所:静岡県富士宮市狩宿98−2
  • 問い合わせ: 0544-27-5240(富士宮市観光協会)
  • 見頃:4月中旬~4月下旬
  • 料金:無料
  • 見学可能時間:24時間
  • 4月中旬には「狩宿さくらまつり」を開催

国指定特別天然記念物 狩宿の下馬桜(富士宮市公式サイト)

狩宿さくらまつり(富士宮市公式サイト)


日本の一本桜には「日本語大桜」以外にも見ごたえのあるものがたくさんあります!
ここからは、その中でもおすすめの桜を5つご紹介◎

6.【山形県】伊佐沢の久保桜(いさざわのくぼざくら)


photo@『伊佐沢の久保桜』


山形県の「伊佐沢の久保桜」は樹齢1,200年になるエドヒガンザクラ。桜にまつわる言い伝えとして、蝦夷征討の際に坂上田村麻呂と地元豪族の娘お玉の悲恋があったとされていることから「お玉桜」とも呼ばれています。その大きさは東北最大級といわれ、江戸時代には枝の広がりが4反(約4000平方メートル)にもおよんだのだとか。

また山形県の素晴らしい桜を巡れる観光ルート「置賜さくら回廊」(おきたまさくらかいろう)には、「烏帽子山千本桜」や「草岡の大明神桜」などほかにも見てほしい桜が盛りだくさん♡桜に心躍る旅を楽しんでみては。

  • 住所:山形県長井市上伊佐沢2027
  • 問い合わせ:0238-88-5279(長井市観光協会)
  • 見頃:4月中旬〜4月下旬
  • 料金:無料
  • 見学可能時間:24時間
  • 桜の開花期間には「さくらまつり」を開催

伊佐沢の久保ザクラ(やまがたへの旅)

置賜さくら回廊

7.【岐阜県】臥龍桜(がりゅうざくら)


photo@『臥龍桜』


「臥龍桜」は岐阜県高山市にある樹齢1,100年にもおよぶエドヒガンザクラです。龍が地に臥せているような姿をしていたことから名付けられました。

大幢寺(だいとうじ)の境内にありますが、周辺が臥龍公園として整備されていて、開花時期の4月中旬頃から約3週間「桜まつり」が開催されます。公園内に設置されたぼんぼりが灯る中での夜桜見物は、ライトアップとはまたちがった趣を感じさせてくれます♡

  • 住所:岐阜県高山市一之宮町275-1(臥龍公園内)
  • 問い合わせ:0577-53-2149(飛騨一之宮観光協会)
  • 見頃: 4月中旬~4月下旬
  • 料金:無料
  • 見学可能時間:24時間
  • 4月中旬頃から約3週間「桜まつり」を開催

国の天然記念物 臥龍桜(飛騨高山in一之宮)

8.【岡山県】醍醐桜(だいござくら)


photo@『醍醐桜』


岡山県の「醍醐桜」樹齢1000年と推定されるアズマヒガンザクラ後醍醐天皇が隠岐の島に配流された際に、この桜を称賛したという言い伝えがあります。枝張りが東西南北に約20メートルと非常に大きなことから、地元では「大桜」とも呼ばれるのだとか。

開花時期は例年3月下旬~4月中旬。開花から葉桜までの期間は、夜間ライトアップを​21:00まで実施し、露店なども賑わいます。

  • 住所:岡山県真庭市別所2277
  • 問い合わせ:0867-52-1111(真庭市落合振興局)
  • 見頃:3月下旬~4月上旬
  • 料金:無料
  • 見学可能時間:24時間
  • ライトアップ時間:日没~21:00
  • 桜の開花期間には「醍醐桜まつり」を開催

醍醐桜(真庭観光WEB)

真庭市 桜の開花状況(真庭観光WEB)

9.【鹿児島県】奥十曽のエドヒガン(おくじっそのえどひがん)


※写真はイメージです


鹿児島県伊佐市の奥十曽渓谷(おくじっそけいこく)の中に高さ28メートルにもなる巨大なエドヒガンがあります。さらにゴツゴツとした立派な根周りは21メートルとこちらも桜にはめったにないビッグサイズ!国の「巨樹・巨木百選」・「森の巨人たち百選」にも選定されています。

開花は3月下旬から4月上旬頃樹齢600年を越える生命力に満ちた姿は、花のない時期でもパワーをもらえることでしょう。ただし林道は細く、渓谷を歩いていく必要があります。動きやすい靴や服装で見に行ってくださいね。

  • 住所:鹿児島県伊佐市大口小木原十曽国有林70林班
  • 問い合わせ:0995-29-4113(伊佐市役所 伊佐PR課)
  • 見頃:3月下旬~4月上旬
  • 料金:無料

※登山道は、2020年豪雨災害で一部倒壊している部分があります。じゅうぶんに気をつけてください。(2024年現在)

奥十曽のエドヒガン桜 開花状況(伊佐市公式サイト)

10.【岩手県】小岩井農場の一本桜


photo@『小岩井農場の一本桜』


岩手県の小岩井農場の敷地内にあるエドヒガンの一本桜100年ほど前に牛のための日陰をつくるために植えられたのだそう。雪の残る岩手山をバックに凛々しい姿で立っている桜の姿は、見る人にパワーを与えてくれます連続テレビ小説「どんど晴れ」にも登場した、とても美しい景色です。

開花時期は4月下旬~5月初旬。桜の周辺は農場の牛などの餌になる牧草を収穫する畑となっているため立ち入らず、用意されている観覧スペースから見物をしてくださいね。

  • 住所:岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1 小岩井農場内
  • 問い合わせ:019-692-4321
  • 見頃:4月下旬~5月初旬
  • 料金:無料(まきば園には別途入場料がかかります)
  • 見学可能時間:24時間

※一本桜は観光エリア「まきば園」内ではありません。ご注意ください。

※防疫衛生上の観点から、一本桜のある牧草地や周りの防風林、作業用農道には立ち入りが禁止されています。一本桜南側、広域農道沿いの観覧スペースを利用してください。

小岩井農場の一本桜(小岩井農場)


長い歴史を見つめてきた長寿の一本桜たち。力強く太い根元や幹、そして大きく枝を広げて咲く花には生命力がみなぎっています。過去の人々が愛し守ってきた桜の美しさを、ぜひその目で体験してください。

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。