カメラを持って旅にでよう~カメラひとり旅に最適なスポット

数人でいく旅行も楽しいですが、カメラ旅ならひとりで行くのもいいですよね^^◎これまで編集部が訪れた、カメラを持ってのひとり旅におすすめのスポットを厳選しました!季節ごとに行きたい場所は限りないですが、その一部をご紹介します♪

『カメラとひとり旅に出たい人』
『写真に風景をおさめたい人』におすすめ!

~カメラのある旅~

カメラ

日本には、写真におさめておきたい美しい風景がたくさんあります。今回は、カメラをもって旅にでたいIMATABI編集部オススメの観光スポットと、訪れるべきベストシーズンについてまとめてみました^^!

 

河津桜(静岡)

photo @河津桜


 ベストシーズンは2月中旬から3月前半

静岡県賀茂郡河津町では通常の桜より一足はやく、毎年2月中旬頃から3月前半にかけて河津桜が見頃を迎えます。見頃については河津桜まつりのHPでチェックしてみてください◎

河津桜は外国人観光客からも人気が高く、各地から訪れる人々で賑わうため会場はとっても混雑します。メインの道路が一本しかなく、車でいくと大渋滞にハマりますのでご注意を。。筆者は現地をよく知るタクシーの運転手さんに抜け道を使ってもらい、スムーズに見どころを全て案内していただきました♪

河津桜

静岡県賀茂郡河津町田中137-17

新倉山浅間公園(山梨県)


photo @新倉山浅間公園


山梨県と静岡県にまたがる世界遺産『富士山』。この富士山を写真に収めるのにとっておきの撮影スポットがあります。それは、山梨県富士吉田市にある『新倉山浅間公園』。

 

五重の塔と富士山のコラボレーションはまさに絶景!春の時期には桜も咲き、日頃の疲れから解放され、また明日からがんばろうと思えるような元気をもらえるのではないでしょうか。 ベストシーズンは3月~4月の中旬です。

新倉山浅間公園

山梨県富士吉田市新倉3353-1

あしかがフラワーパーク(栃木県)

足利photo@あしかがフラワーパーク


栃木県足利市には、『花の芸術村 あしかがフラワーパーク』と呼ばれる花の楽園が存在します。1年を通して、その時期に見頃を迎える花が咲き誇り、観光客の心を癒してくれます。

 

 藤を見るなら4月中旬から5月中旬

このあしかがフラワーパークでとくにオススメなのは、4月中旬から5月中旬にかけて見頃を迎える『ふじのはな物語』です。日本古来の花木とも言われた藤や、紫がかった色が特徴のツツジやシャクナゲが美しく咲き誇ります。

あしかがフラワーパーク

栃木県足利市迫間町607

座間ひまわり畑(神奈川県)

photo@座間ひまわり畑


 7月〜8月に行こう!

神奈川県にある座間市では、毎年夏が始まった7月ごろから8月まで、たくさんのひまわりが見られる『ひまわり畑』が見頃を迎えます。

1969年に座間市の市花として制定されて以来、地元の方達から大切に守られてきました。座間の市内各地で毎年50万ほどのひまわりを育てて、お祭りも開催されます!ひまわり畑のまわりものどかな田園風景が広がっています^^

座間ひまわり畑

神奈川県座間市新田宿

伊万里・有田焼伝統産業会館(佐賀県)

伊万里焼き

photo@ 伊万里焼き


佐賀県にある伊万里市では、あるものが街中に散りばめられているのです。その正体は、なんと『焼きもの』!約400年ほどに渡り、日本を代表する磁器の生産地として親しまれてきた伊万里市。市内にある伊万里・有田焼伝統産業会館では、さまざまな名品が飾られています。

photo byLeo D’lion『伊万里』


絵付け体験などの体験メニューも開催されているので、興味のある方はぜひ体験してみてください^^◎写真に残すべき風景もたくさんあり、足を伸ばせば吉野ケ里遺跡などにも行くことができます♪

伊万里・有田焼伝統産業会館

佐賀県伊万里市大川内町丙221-2

白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜県)

photo@白川郷


岐阜県白川郷にある『白川郷・五箇山の合掌造り集落』は、世界遺産にも選ばれた日本の誇るべき貴重な観光スポット。世界中から人々が観光に訪れるほどの人気スポットです^^

広大な土地に、古き良き日本を感じられる建物が立ち並び、中には飲食店やお土産屋さんも立ち並んでいます。夏の時期もおすすめですし、雪のある冬の時期もまたちがった情景に心癒されます。1年中どの時期でも訪れたくなるそんな観光スポットです!

ベストシーズンは7月~8月?

行動することを考えると雪のない夏場がおすすめですが、冬の時期も撮影にはおすすめしたいところ。。雪対策の準備をバッチリして冬場に訪れるのも良いかもしれません◎

白川郷

岐阜県大野郡白川村

氷川神社(埼玉県)

photo @ 氷川神社


埼玉県川越市にある『氷川神社』では、夏になるとたくさんの風鈴が飾られ、江戸っ子気分を味わえます。

 

 ベストシーズンは7月〜8月

風鈴を楽しむには夏場の時期に行きましょう◎縁結びを願う縁結び風鈴なんてものも用意されているため、興味のある方はぜひ神頼みしてみてくださいね!暗くなると風鈴がライトアップされ、暗くなってから訪れるのもおすすめです。

氷川神社

埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407

東福寺 通天橋(京都府)

photo@東福寺


京都府京都市東山区にある東福寺 通天橋では、秋の始まる季節になると真っ赤なモミジが、お寺全体をさらに美しく映し出し、写真撮影にも最適。

 

ベストシーズンは11月の中旬~12月の中旬

11月の中旬ごろから12月の中旬まで紅葉の見頃を迎え、多くの観光客で賑わいます。京都にはほかにもたくさんの観光名所があります◎近くを散策しながら歩いて、撮影するのがオススメです。

東福寺

京都府京都市東山区本町15丁目

国営ひたち海浜公園(茨城県)

ひたち

photo@国営ひたち海浜公園


茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園では、写真映えする少し変わった紅葉が見られると話題です。

 

ベストシーズンは9月下旬~10月下旬

ふわふわした草のようなコキアが、夏の終わりを迎える9月下旬から10月下旬にかけて、緑から赤色に変化します。

photo byhayami『ひたち海浜公園』


緑から赤に変わるグラデーションの時期はもちろん、赤く染まった園内はとても美しく、写真におさめずにはいられません。秋の始まりを感じるコスモスも咲いているため、ぜひこちらも撮影してみてください♪

photo byatacamaki


国営ひたち海浜公園

茨城県ひたちなか市馬渡大沼605−4

銀山温泉(山形県)


@銀山温泉


山形県尾花沢市にあるドラマおしんの舞台にも使われた『銀山温泉』。大正時代の雰囲気を感じさせる街並みは、どこか懐かしい気持ちを思い出させます。一度は訪れたい温泉地としても人気を集めている注目の観光スポットです♪

大正ロマンの溢れる街並みは、SNS映えもバッチリで、撮影スポットとしても人気◎カメラっ子ならば、一度はカメラをもって訪れたい観光地です。

 

ベストシーズンは11月~1月

とくにオススメはウィンターシーズン。雪につつまれた銀山温泉をぜひ写真におさめてみてください。筆者は山寺と、アイスモンスターと呼ばれる樹氷も一緒に撮影しにいきました!(樹氷はー20℃にもなるので、くれぐれも完全防寒を。。)

photo @『山寺』山々の景色を望めます


photo @『蔵王の樹氷』


銀山温泉

山形県尾花沢市銀山新畑地内

メタセコイア並木(滋賀県)

メタセコイア

photo@メタセコイア並木


滋賀県高島郡にあるメタセコイア並木。メタセコイア並木は、マキノ高原への道路で楽しむことができ、全長約2.4キロにも及ぶといわれています。

 

 ベストシーズンは1月上旬~2月中旬

メタセコイア並木は紅葉の時期に、見頃を迎えるといわれてますが、実は冬の時期のメタセコイア並木もとてもおすすめ。白い雪化粧に包まれた景色は別格。暗くなったころ、街灯の灯りから見えるメタセコイア並木の景色も、またオススメです。

メタセコイア並木

滋賀県高島市県道287号線

青い池(北海道)


photo@青い池


北海道の美瑛に美しい絶景をもつ観光スポットがあります。その名も『青い池』。コバルトブルーやエメラルドグリーンの輝きを放つ美しい池は、カメラに収めたくなるまさに絶景!

 

ベストシーズンは7月~11月

青い池をみるためには、暖かい時期がおすすめです◎ただ、筆者も訪れた寒い時期になると今度は雪に包まれ、純白カラーに変化を遂げます。暖かい時期の青い池も絶景ですが、冬の青い池にはどこかロマンチックな雰囲気も感じられますよ^^

冬季限定でライトアップのイベントがおこなわれているので、寒さに強い方はぜひ冬の時期に訪れてみてください。ただ、夜になると高速道路ですらも路面が凍り、ライトも少なく暗くなってしまい大変危険なので、車の運転には最新の注意が必要です!

青い池

北海道上川郡美瑛町白金

まとめ

四季がある日本には、写真におさめておきたい観光スポットがたくさんあります。ベストシーズンを狙っていくことで、ひとり旅がさらに充実したものになること間違いなしでしょう♪カメラをもって、美しい日本の風景をぜひ写真に残してみてください^^

【関東の絶景】息を呑むほどの美しい絶景20選

カメラと共にぶらり旅。カメラ好きがすすめる「lomography」って?

 

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。