学生だからできる旅って?今すぐ知ってほしい10の真実

Views:86

大切な仲間や友達、恋人とステキな思い出を作りたい!旅行に行きたいと考えている方は多いはず。「でも社会人になってお金が貯まったら、旅行に行くから今はいいや」と考えている方は間違いです!学生だからできるできる旅とは?知っておくべき10の真実をご紹介していきます。

『旅行に行くか迷っている人学生』
『学生のうちに旅行をしたい人』におすすめ!

学生だからできる旅とは?

だれでも1度は、「学生時代は、好きなことをたくさんしたほうが良いよ!」「学生時代は時間がたくさんあるんだから、なんでも挑戦してみないと」とアドバイスを受けたことはあるのではないでしょうか。

 

学生には、いまだからこそできることがあるのです。
その中のひとつに『旅行』があります。

 

いつか行くだろうと、旅行に行くことを後回しにしてしまっている方に、これから紹介することを知って考えが少しでも変わって頂ければ幸いです◯

1、今まで当たり前だった学割は当然効かない

ひとつめに知ってほしい真実は、学生でなくなると今まで当たり前のように使ってきた学割は使えなくなります。当たり前のように使っている間はついつい忘れてしまいがちですが、学割はとても大きなポイントです!

 

JRや新幹線などの交通機関、JRでは一部で運賃が2割引になるサービスや片道101km以上新幹線を利用する際に学割を利用することができます。定期もそのひとつですね。たとえ2割でもこれが毎日、毎回となると話は別物です。

学生さん必見!「学割」を活用してお得になる旅行を目的地別に徹底調査!

また学割は交通機関だけでなく、さまざまな場面でも利用することができます。多くの旅行会社では、学生ならば格安価格で行けるツアーがたくさん用意されています。ツアーだけでなく、遊園地や映画館などにも学生料金は存在します。

学生しか利用することのできない貴重な割引サービスなので、学生時代は思う存分学割を活用しましょう。

 

2、自分の自由にできる時間が激減する

学生の頃は、春休み、夏休み、冬休みと長期の休みがあります。また場合によっては単位さえとれていれば、1週間毎日学校に通う必要はなく、自分で自由な時間を調整することができます。アルバイトをしている方も多いかもしれませんが、社会人に比べてアルバイトでは休みを申請しやすく、圧倒的に自分の時間を確保しやすいと言えます。

 

基本的には土日のみの休みとなる社会人は、圧倒的に時間の自由がなく、1泊以上の旅行は行きにくくなってしまうのが現実です。そのため、海外はおろか、国内旅行すらもなかなか行く時間がなくなってしまいます。

 

3、出発日の調整ができなのでツアー代金が倍になる

社会人になると有給制度はありますが、それにも1年間で使用できる日数には制限があることが多いです。自分の仕事が終わっていなければ休みをとることはできないし、会社が休みになる期間は、GWなどの繁忙期のため旅行にかかる費用が通常の倍近くにもなってきます。

 

繁忙期をはずして安い旅行に行けるのは、本当に学生の特権そのもの、、!!多くの方が、社会人になるまでこの事実に気付けません。いまここで気付いた方はラッキーだと思います。あなたが行きたいところに、行きたいときに行けるのは、いましかないです!

 

4、社会に適応するための経験ができる

旅マイル

社会適応とは、まわりの人間関係や社会環境で、調和を結ぶことを表します。学生のうちは厳しく社会適応について言われることは少ないかもしれません。しかし、社会人になっていくと社会適応能力は必然と持ち合わせるものという認識が広がります。

 

これは普段とは異なる環境下で他人に配慮するような旅行をすることによっても身につく力なのです。無意識に旅に出て楽しい時間を過ごしていながら、気付いたら社会適応力が身についていたなら、一石二鳥ですね◎

 

5、行動に責任がセットでついてくる

学生の間も、悪いことをしたら注意やバツを受けることは平等にあります。しかし社会人となると、学生時代よりもさらに行動に責任を持つ必要がでてきます。なにか間違った行動をおこせば、自分だけでなく働いている企業にも影響を及ぼします。

 

旅行はある意味全て自分の責任が問われる行為でもあります。社会人になる前に、旅行に伴う責任やリスク管理をしっかりと経験しておくことは、とても大事なことです。

 

6、学びのある旅行をしておく

読書

学生のように若いうちは吸収力がとても高いです。その間に学びのある旅行をしておくこと。若いころは失敗をしながら学んでいくものなので、同じミスを繰り返さないという教訓にもつながります。

 

また学生時代に行った旅行先で刺激を受けて、自分の将来やりたいことが定まったというのもよく聞きますね。旅をすると何かしら新しい出会いや学びがあるものです。折角旅行に行くのであれば、学びを得るためにアンテナを貼りながら楽しんでみてください◎

 

7、様々な価値観にふれる旅をしておく

時間が比較的自由にとれる学生時代は、国外への旅行も計画がしやすいです。ここに行ってみたいなと思ったら、何事も積極的に取り組みましょう。旅行だけでなく、ボランティア活動としてちがう地域に訪れるのもおすすめです◎

実際にボランティア体験をした方の中では、就職活動の面接で学生時代に経験したこととして企業にアピールすることもできます。さまざまな価値観にふれるような旅をしてみましょう。

 

8、有意義な関係値を意識的に各地の人と築いておく

旅行女子

旅行といっても、個人で自由に行きたい場所をまわるものやツアーとして団体で行動するもの、ボランティアとしてどこかの地域に手助けをしにいくものなどさまざまな種類があります。

 

決められた観光ルートをただひたすら周るのは「受動的な旅」。

 

同じように観光ルートをまわるときに、現地のひとから生の声を聞く、そこでしかできないことをとことん追求する。これらのことをするだけで、同じ旅でも人々に触れることができ、新しいなにかを学ぶことができるチャンスが生まれ、自分の中で学びを得る旅となるかもしれません。

 

何気なく過ごしていた時間がなにかひとつ行動を起こすだけで、こんなにも変わるものかと気付くことができます。すぎてしまったことを後悔しても、変えることはできませんので、まできるときに行動を起こすべきではないでしょうか◎

 

9、様々な世界を意識的にみておく

世界

日本は安全で豊かな国であるといわれています。

しかし世界には、日本とはちがう環境の中に生活している方たちは数え切れないほどいます。私たちが当たり前に使っているお水が充分に使うことができない、食べたいときに何でも食べられるほど食材が普及していないことや、学校に行きたくても環境が整っていないため、学ぶことができないと言うことも、世界中で起こっています。

行き先によっては、普段当たり前に過ごしている毎日が、当たり前ではなかったと気付けるような旅になるかもしれません。

時間のある学生のうちに、日本だけでなく世界中をまわってみましょう。新しい自分の未来像や、今後どうしていきたいかなどの将来について考えられるキッカケになることもあるでしょう。1分1秒という時間を、有効に活用していってください◎

 

10、自分の可能性が広がり、生き方に様々な選択肢が生まれる

景色

学生時代の自由な時間を有効活用することによって、今まで気付けなかったことに気付ける貴重な時間になるでしょう。

世界的に有名な『スティーブジョブス』も、自分の自由な時間を活用してインドへ旅行に向かいました。その旅をキッカケに彼は、偉大な革命家へと成長を遂げたのです。彼の場合は大学を中退したあとの自由な時間で、旅行に出かけましたが、学生のうちも長期休みを利用すれば海外にだって気軽にいくことができます。

あなたも世界的に有名な偉人たちのように旅先で自分の人生を変えるような運命の出会いやキッカケに出会えるかもしれません♪

 

まとめ

フレンド

学生のうちに知っておきたい10の真実についてご紹介しました。

個人差があるため、みんながみんな同じとは限りませんが、比較的自由な時間を確保しやすい学生時代をいかに有効に使うかはあなた次第です。学生時代に得た経験があなたの未来を大きく変えるかもしれません!

いまあるこの時間を、後悔のないように過ごしていきましょう♪

 

続いてこちらの記事もおすすめ◎↓

【世界の絶景30選】人生で一度は行ってみたい絶景スポットをご紹介(海外)

旅をする意味って何?あなたもきっと行きたくなる旅の魅力BEST20

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。