カリブに浮かぶ不思議な島!バーミューダ諸島の観光地スポット!

北大西洋にある諸島でイギリスの海外領土として知られているバーミューダ諸島。美しいピンク色の砂浜をしたビーチや、新鮮な海鮮料理が食べられるなど観光地としても人気を集めています◎今回は、そんなバーミューダ諸島で学生旅行に行きたい観光スポットとグルメをピックアップしてみました!旅行を計画している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

『海外旅行に行きたい人』
『バーミューダ諸島への旅行を考えている人』におすすめ!

バーミューダ諸島ってどんな国?

photo @ バーミューダ諸島


ニューヨークの南東1,200キロメートルに浮かぶ島「バミューダ諸島」。カリブ海の最も北に位置する島で、アメリカ・ニューヨーク州から飛行機で2時間ほどの場所にあります◎サンゴ礁と岩礁からなっているのが特徴で、アメリカなどから多くの観光客が訪れるセレブから人気の観光地ともいわれています^^

美しい透明な海とパステルカラーの街並みは観光客を魅了するベストスポット♪比較的治安が良いので安心して過ごすことができますが、夜間のひとり歩きや裏路地を歩くなどは避けた方がよいでしょう◎年間を通して温かい気候が特徴ですが、11~3月にかけてが少し涼しくなります。また、6~11月はハリケーンシーズンとなっているので、事前に天気をチェックしておくと良いです。

バミューダ諸島のハミルトンへアクセスするには、「バミューダ国際空港(Bermuda International Airport)」へのアクセスが必要です^^現時点では直行便が出ていないので、アメリカ・ニューヨーク州などでの乗り換えをしてください。飛行時間が待ち時間をいれると、18~23時間ほどかかるので滞在中の日程などのスケジュールに余裕をもってしっかりと観光ができる準備をしておくようにしましょう!

  • 名称:バミューダ諸島 
  • 首都:ハミルトン (HAMILTON)
  • 面積:53.3 平方キロメートル(日本の約0.0001倍)
  • 人口:65,445人(日本の約0.0005倍)
  • 言語:英語、ポルトガル語
  • 直行便:なし(アメリカ本土で乗り継ぎ)
  • 時差:-13時間(サマータイム期間はー12時間)

バミューダ諸島

バーミューダ諸島のおすすめ観光地5選

カリブ海に浮かぶミステリアスな島といわれている「バーミューダ諸島」でおすすめの観光地についてもご紹介していきます^^

ベストスポットをおさえて、旅行をさらに楽しんでいきましょう♪

 

1.Horseshoe Bay(ホースシュー・ベイ)

photo @ Horseshoe Bay(ホースシュー・ベイ)


ハミルトンから約30分ほど離れた場所に位置する「Horseshoe Bay(ホースシュー・ベイ)」。ピンク色の砂浜が特徴で、ピンク色のサンゴの含有率が高いことでも知られています◎

トイレも整備されているので、海水浴を楽しみたいという観光客からも高い支持を得ているスポット^^5月~9月の観光シーズンには、シュノーケリングなどを楽しむレンタル設備も整っています♪

ホテルが所有しているプライベートビーチ内ならば、ロッカーやチェアなどが利用できるスポットもあります。観光客を避けてリラックスして過ごしたいという方は、そちらで過ごしてみるのもありですよ◎

 

ホースシュー・ベイ関連サイト

2.クリスタルケイブス・ファンタシーケイブス(Crystal and Fantasy Caves)

photo @ クリスタルケイブス・ファンタシーケイブス(Crystal and Fantasy Caves)


年間約850,00人の方たちが訪れる観光スポットとして人気の洞窟「クリスタルケイブス・ファンタシーケイブス(Crystal and Fantasy Caves)」。100年以上前、1907年ごろに2人の少年がなくしたボールを回収しようとしたときに発見されたといわれています◎

子どもから大人まで楽しめる観光スポットとしても人気で、地下水の透き通った美しい光景や、ライトアップされた鍾乳洞結晶は幻想的で楽しいひとときを過ごせること間違いなし◎

クリスタルケイブス、ファンタジーケイブスどちらも似たような雰囲気を持っていますが、時間がある方は両方をまわってみるのがおすすめ!2箇所の入場券を購入すると、少しお得な割引サービスを受けられます♪洞窟をめぐる日は、歩きやすい恰好とぬれても大丈夫な靴を準備しておくと良いです^^

 

クリスタルケイブス・ファンタシーケイブスツアー

3.ギブズヒル灯台 (Gibb’s Hill Lighthouse)

photo @ ギブズヒル灯台 (Gibb’s Hill Lighthouse)


1844年に建造された灯台「ギブズヒル灯台 (Gibb’s Hill Lighthouse)」。世界で最も古い鋳鉄製の灯台として知られており、36メートルの高さを持ちます!

高台まで行くと、バミューダ諸島を360度パノラマビューで一望することができる絶景スポットに^^高台までは185段の階段をのぼる必要がありますが、それだけの価値がある光景を楽しめます♡お土産を購入できるギフトショップも併設されているので、現地のお土産探しをしたい方にもおすすめです♪

 

ギブズヒル灯台公式サイト

4.ドルフィン・クエスト(Dolphin Quest)

photo @ ドルフィン・クエスト(Dolphin Quest)


バミューダ諸島の海の歴史が展示品の絵や写真などで展示されている「バミューダ海洋博物館」の敷地内には、観光スポットして人気を集めている「ドルフィン・クエスト(Dolphin Quest)」があります◎

本物のイルカと触れ合うことができる施設で、イルカと一緒に泳いだり、餌をあげたり、お腹を触ったりする体験メニューが用意されています^^トレーナーの方が丁寧に教えてくれるので、イルカと触れ合うのはちょっと不安!という方でも安心です♪愛らしくて賢いイルカとステキな時間を過ごしてみませんか?

 

ドルフィン・クエスト公式サイト

5.Bermuda Aquarium, Natural History Museum & Zoo(バミューダ水族館・博物館・動物園)


photo @ Bermuda Aquarium, Natural History Museum & Zoo(バミューダ水族館・博物館・動物園)


バミューダの中心あたりに位置する「Bermuda Aquarium, Natural History Museum & Zoo(バミューダ水族館・博物館・動物園)」。動物園・水族館協会(AZA)の認定を受けている貴重なスポットで「島の環境の感謝と気遣いを促す」ために設立されました^^

巨大なグルーパーと呼ばれるハタの仲間や世界最大のカメであるガラパゴスゾウガメなどの珍しい動物が多く生息しており、生き物のほかに化石類なども展示されています。入場料金も比較的安いので、気軽に立ち寄ることができるのもうれしいポイントです◎

  • 料金:大人 $10 5~12歳 $5 5歳以下 無料

バミューダ水族館・博物館・動物園公式サイト

バーミューダ諸島のおすすめグルメ2選

旅行とともに楽しみたいのがグルメ^^バーミューダ諸島で楽しめるご当地グルメをご紹介します!レストランなどで提供されているので、ぜひ試してみてくださいね◎

 

1.コンクチャウダー(Conch chowder)

photo @コンクチャウダー(Conch chowder)


バミューダ諸島では、土地を活かしたシーフード料理が豊富でさまざまなローカルメニューがあります。その中でも今回おすすめするひとつめのグルメは「コンクチャウダー(Conch chowder)」。

カリブ海の名産品であるコンク貝が入ったシチューのようなもので、トマトベースで赤っぽい色をしているのが特徴♡バーミューダ諸島ではコンク貝はよく食べられており、チャウダーのほかにサラダやカレーなどにして食べるのも一般的として親しまれています^^

 

2.フィッシュケーキ(Fish cake)

photo @フィッシュケーキ(Fish cake)


ふたつめに紹介するのが「フィッシュケーキ(Fish cake)」。シャケやタラなどの魚の身をすり身にして丸い形にフライをつけて揚げる料理で日本でいうコロッケのようなもの◎

食感はどこか豆腐ハンバーグにも似ていますが、絶品と現地の方たちからも人気です^^レストランで提供されているものだと味付けにも多少の違いがあるのだとか♡そのままおかずにして食べるものや、ハンバーガーのようにパンで挟んで食べるものまで食べ方もさまざま♪

バミューダ諸島ではレストランで食事をした際にチップが必要なので、食事の合計金額とは別にお金を用意しておきましょう。メニューにチップが含まれていると記載されている場合は、チップの支払いは不要です!

 

まとめ

バーミューダ諸島の基本情報から、おすすめの観光地、グルメについてご紹介しました^^

今後、リゾート観光地として注目されつつありそうなバーミューダ諸島♪今この機会に訪れてみてはいかがでしょうか?

アメリカ入国に必要なESTAってなに?申請方法や注意点を教えて!

アメリカ在住者のおすすめ!見てみたいアメリカの絶景20選◎

※当サイトに記載されている情報は、時事要因などにより正確でない場合がございます。できる限り正確な情報を更新するよう努めさせていただきますが、詳細な部分に関しましてはご自身で事前にお調べ頂くよう宜しくお願いいたします。

IMATABI公式LINE@

おすすめの記事や、宿泊券が当たるキャンペーン情報などをお届けします! QRコードが読み取れない場合はID「@imatabi」で検索してください。